上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 トロピカルジャイアントガー55cm バラムンディ50cmの2匹がエサ食いのときに大暴れするときがあります。咲きひかり投下>バラムンディがバコーン。クリル投下>ガーがガバーン。これがタイミングが悪いと食べる瞬間が重なりお互いが激しく逃げ、水面がバシャーン・・・

 さらに、これが参戦

2013t7.jpg
 これまた50cmオーバーのタイガーバルブが、咲きひかりを求めて浮上してくると怪獣大戦争に発展します。

 もう、床がビショビショ・・・

2013n8.jpg

2013n12.jpg
 これにニロチカスが参戦すると・・・かもしれませんね。

6

 たまに参戦するも、比較的温和なダトニオ

2

 温和な紅尾金龍ですが、怒りのパワーは西方随一。(鱗、飛ばさないでね・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

 ニロチカスのエサ食いが悪いためアテとして借りてきたオーストラリアンバラマンディですが、あっという間にニロチカスを抜いて巨大化してきました。現在50cm弱。

 0421n4
 去年の4月ごろは、こんな小さかったニロチカスも3倍に育ちました。8cmぐらいから1年弱で30cmオーバーですから、体格も見た目も激変ですねw。それ以上にバラマンディの成長が怖いですがw


120517bara
 去年の5月の写真。15cmぐらいの子供でしたが8ヶ月で35cmの成長・・・

 おとひめをガンガン食いますから、育ちが早いですね。

2013n10.jpg
 パーチとガーは、すぐに痩せますから、充分にエサを貰えてる個体とそうでない個体は見ごたえが全然違います。持て余したパーチはエサを抑えられてますからすぐに腹が凹んで見た目にもパワーが感じられません。

 ガーも同じでトピカルジャイアントガーやアリゲーターガーのエサを抑えられた個体は、見るも無残。肥満体が良いというわけではなく、ふっくらとした力強さが見える体型がベスト。

 エサ代と水換えが大変ですが、趣味に没頭できる時間は救いの時間でもあります。

 水換えが楽しいぐらいじゃないと大型魚飼育は長く続かないでしょう。いくら楽しいといっても、できる限り楽をしないと続きません。

 バケツリレーをしているようでは、苦痛でしかありません。機会があれば詳しく書こうと思いますが、うちでは池の水抜き用のでかいポンプで水を抜き、浄水器を使って注水します。これなら、楽ですし見ていても楽しいものです。水を換えて代謝が上がってエサ食いがよくなって・・・と妄想しながらやると頻度が上がりますw

 今年は、じっくりと大型化を狙っていきたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120625nairu
 最近出番が少なくなったナイルパーチニロチカスですが、無事生きていますw20cm弱でしょうか。

 実は、出番が少なくなった訳として、人工餌に切り替えている最中だったのでやせ衰えた姿をあまり晒したくないなあと思いアップしていなかったんですね。家では、活き餌しか食べない子は◯んでしまえ~というスパルタ教育です。まあ、実際には我慢大会に負けて上げてしまうんですがねw

 エサ抜きをして、2週間・・・うーむ、ガリガリになりました><

 そのあいだ、根気よく反射で食べさせるように、クリルを叩きつけて落としたり、エビ頭カーニバル作戦をやってみたり、ナリケンさんのブログを参考にして、米粒ジョイント作戦をしてみたりしたのですが、こりゃ~かなりの頑固者で、食べません。

 そこで急遽、助っ人外人投入です。

120517bara
 代打!オーストラリアバラムンディ君20cm

 某友人が持て余していたバラムンディ君を、代打で投入。なんでもガバガバ食うバラムンディ君

 とにかくクリル、カーニバル、おとひめ、ジャイアントミルワーム、とにかくなんでも食うバラムンディ君と争っているうちに、冷凍エビをパクっ、おとひめの粒をパクッ・・・ぺっ

 あっという間に、まるまる太りましたwww

 もうしばらく、ディーエイチとしてバラムンディ君にがんばってもらい、ニロチカスの食が安定するまで居てもらいます。同種の魚で競わせると楽なことが分かりましたw

 やはり、飼育者としては、バリバリ食べてくれる魚が一番かわいいですね。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120525n
 ナイルパーチニロチカスとキクラモノクルスの混泳を始めてから3週間が経ちました。相変わらず活餌しか食べないので、苦戦中。

120525n2

そろそろ人口エサに切り替え作戦開始!するぞ?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120517niro
 金発色が良いニロチカス。コアカ漬けにして5月中に20cmオーバーを目指しています。キクラモノクルス3人衆と混栄してから明らかにエサ食いが良くなりました。しばらくは、生餌で育てていきます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
0421n2
 先日ニロチカスの記事を書きアップしたところ、1日で643カウンターをたたき出しました。今月の楽しい熱帯魚でもパーチ特集があったせいか、パーチネタは旬なんでしょうか。

 さて、ザリガニ小(2cm~3cm)ほどを大量に投入して、食べたいだけ食べるようにしています。全体食を食べさせることによって成長速度が上がるのはどの魚でも同じです。ザリガニはミソにも栄養が詰まっていますので栄養が満点です。ランニングコストは人口エサに比べると非常に高いですが、幼魚期に目一杯栄養を与え安心サイズに持っていくのが狙いです。また幼魚期にエサを切らさず育てることで、マックスサイズを狙う目的もあります。

 エサ食いアップの為に、混泳魚を少し入れてみようと思っています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

0421n
 ナイルパーチニロチカス12cm。いまのところ、人口エサを食べる気配なし。コアカ、スジエビ、ザリガニ小を捕食中。まだまだ、本水槽に入れたらトロジャンに1発で食べられるサイズなので、強化育成中。

 金発色が良い個体で、育てがいのあるニロチカス。人口エサ餌付け作戦を近々決行し一気に育ってほしいところです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
 
0421n4
 90cm水槽からブラックタライロンを出したのは、このニロチカスを育成するためです。うーんうーんとショップで1時間ほど悩みながら、10匹ほどいた中からセレクトしました。

0421n2
 金色が強くでていて、将来が楽しみな個体です。

0421n
 コアカが食べれるサイズ。

0421n3
 興奮するとキンキンになります。

 まだまだ、10cmぐらいなので、コアカ漬けにして早く安心サイズになってほしいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。