上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴン2
写真を整理してたら、ずいぶん昔の写真がでてきました。

ゴールドエッジハイフィンレオパードトリムプレコの懐かしい写真。とにかくでかかった35cmぐらいありました。
全身トゲトゲで、軍手しないと怪我するぐらいの個体でした。

小さい青い魚はネオンテトラです。90cm水槽に200匹ぐらい入れてました。
群泳もよいですね。

年末から、いろいろとあってコメントいただいた方の返事が遅れてすいませんでした。
今年も、ぼちぼち頑張りますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

今日は、セルフィンプレコのお話です。ちょっと携帯写真なので、写りが悪いですね><
うちでは1500水槽にセルフィンプレコを2匹入れています。大きほうが25cm、小さいほうが20cm弱です。

セルフィンプレコを入れて苔を取る方法については、賛否両論。

■メリット
・コケ取りをしなくてすむ
→最大のメリットですね。ただし、個体の性格差で働き具合が違うので、あまり掃除してくれない子もいます。またサイズによって食の好みが変わってきます。5cmぐらいから30cmぐらいまでは、比較的コケを取ってくれますが、それ以上の大型になってくると、コケ能力的が落ちてきます。巨体を維持するのにコケだけでは足りないからでしょうか。一番、取ってくれるサイズとしては、15cm~25cmぐらいの個体が能力が高い様に感じます。

・水垢などのヌメリを取ってくれる
→これもコケと同じです。透明なヌメリを舐めとってくれます。このヌメリが手動だと結構面倒。

・細かい残飯を食べてくれる
→クリルの細かい粉や、おとひめなどの崩れた粉を食べてくれます。他の魚の細い糞なんかも食べてくれますので、意外と重宝。

・安価

→5cmぐらいのセルフィンプレコなら300円~購入できます。大きくなると非常にタフで頑強な種ですが、小さい子はちゃんと、水合わせ、水温合わせしましょう。

■デメリット
・アクリルに細かな傷がつく
→コケを取るのに、細かなヤスリのような歯で削り取って食べていきます。
早い流れでも吸い付いてコケを小削ぎとって生きているナマズ系です。そのため、アクリル水槽がヤスリ状の歯でキズついていきます。ガラス水槽ならその心配はありませんが、結合部分のシリコン部分も舐めますから、劣化する可能性があります。まあ、ロイヤルプレコ程ではないので、シリコンについては微々たるものだと思います。アクリルのキズは、絶対に嫌で、自分で掃除できる方は、セルフィンプレコやサッカープレコを入れてはいけません。特に、ロイヤル系の歯は鋭くアクリル水槽がひどく傷つきます。

どの程度のキズで問題になるかで判断が変わってくると思いますが、水を張った状態で目につくほどになる頃には、水槽自体も相当古くなると思いますから、家では気にしてません。

ただ、水槽正面から側面を見た時に、キズがある水槽は、側面から部屋の景色が見えなくなるくらいにはキズがつくと考えたほうが良いと思います。

・他の魚を舐める可能性がある
→泳いでいる魚に張り付いて舐めることは、あまりありませんが(極稀に舐めます)同じ層に住む動きの遅い魚を舐める可能性があります。

特に、ポリプ系は注意が必要です。ポリプのガノイン鱗を舐めヤリス状の歯で表面を削ってしまします。舐められているポリプも逃げ出せば良いものですが、なぜか逃げずに動かないポリプもいます。

そうなってしまうと、真っ白く体面を小削ぎとられ、粘膜のやられ方によっては死に至ります。朝起きたら、エンドリが真っ白・・・という自体も経験しましたが、突然舐め始める個体も多いので、基本、ポリプをたくさん飼育の方はいれないほうが良いです。

どうしても使いたい場合は、他の水槽からセルフィンを持ってきて、半日ほど様子を見ながらコケを取ってもらい、その後元の水槽に戻すといった方法もありますが、そんなことをするなら、手動で綺麗にしたほうが早そうですね(笑

・糞が長い
→びよ~んと細く長い糞をたまに出します。あちこちに絡んで・・・まあ、これぐらいは我慢しましょう。

・意外と気が荒い
→個体差がありますが、小さい時から荒い子と大型になると荒くなるタイプが存在します。セルフィン同士で鰭アタックのど突き合いを繰り返す個体もいます。トリム系プレコほどの攻撃力はありませんが、大人なしいナマズ系は嫌がると思います。

・結構でかくなる
→ネオンテトラやエンゼルフィッシュと飼育し始めて、セルフィンプレコだけ20cmを越えてしまったという話は良く聞きます。大きくなったセルフィンプレコも需要がありますから、もし困っていたらショップの方に相談するとよいでしょう。

・水草を食害する

柔らかい葉、硬い葉も食害します。水草水槽には向きません。

■飼育&雑記
・セルフィンプレコは非常に頑丈な種で、コケ取り能力に優れ安価です。特に変わった飼育方法も無く、熱帯魚を普通に飼育している方なら、問題なく飼育できると思います。

1つだけ注意することは、コケだけではセルフィンといえど生きていけません。自然下のような膨大にコケがあるならまだしも水槽内だけのコケでは足りません。よくあるポックリ死の原因の1つは、栄養不足、エサ不足が理由として上げられます。

たまに、セルフィンプレコをひっくり返しお腹の張り具合をチェックします。ゲッソリ痩せているようなら危険サインです。プレコ用のタブレットや、おとひめ、などのエサをあげてください。

・ひっそりと死んでしまったセルフィンプレコは、強烈な臭いがする。なぜかプレコは腐敗が早いように感じます。水から出した瞬間、強烈な腐敗臭が・・・


・ワイルドセルフィンとブリードセルフィン
稀にクイーンセルフィンプレコ、アカリボルダード等のワイルド物が入荷してきます。(インボイス名もその他に多数)入荷数が少なくほとんどマニアに手に渡ります。この手のセルフィンプレコは、非常に魅力があります。セルフィンプレコというとどうしても脇役、掃除役になってしまいがちですが、通常売られているセルフィンプレコも、様々な柄があり、背びれの大きさもマチマチで、嵌ると深い楽しみもあります。

さて、予想外に長文になり疲れました(笑
一時期、セルフィンプレコだけの水槽もあったほど、プレコも大好きな魚です

みなさんも、改めてセルフィンプレコを観察すると意外な発見や驚きがあるかもしれません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
misiro
 最近、ミシロのエサネタばかり続いておりますが、うちの「オレンジフィンカイザー」「プラチナロイヤルプレコ」「スカーレットトリム」「レオパード」「レモンフィン」「セルフィン」などのプレコも食べるようになりました。おかげで、これをバラバラ入れるだけで、90cm水槽のすべての魚にエサをやったことになり、便利。

 いままでは、プレコ用のタブレットとキャットを上げていましたが、これに切り替えてみます。プレコにも効果があるかどうか分かりませんが、栄養面では問題ないはず。

しばらくは「ミシロ」で押していきますw

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
オレンジフィン_0320
3年ほど前に、購入したスカーレットトリムプレコもそこそこ大きくなりました。

トリム系のプレコは成長が遅いですね><

MAXサイズになるには、相当の時間がかかりそうです。

最近は規制が厳しく、すっかり店頭で見かけなくなりました。

ウルスカの影に隠れがちですが、カッコイイプレコです。

そして、手前がオレンジフィンカイザーです。

黒地にオレンジのスポットが綺麗です。

個人的に好きなプレコベスト5にランクインします。

これも、なかなか大きくなりません。

3年で数センチ・・・

まあ、マスコット的な存在なので良いのですw

最近は、タライーラの脇の下がお気に入り・・・アブナイッテ><

タライーラは完全無視してますがw




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ofk
ワタクシの大好きなプレコ。

オレンジフィンカイザー2匹です。

10cm~13cmぐらいでしょうか。

ほとんど大きくなった気がしません。

プレコはセルフィン以外、成長遅いですね~

オレンジフィンカイザーは比較的入手しやすい綺麗なプレコだと思います。

経験上、すごく小さい個体は導入時に細心の注意をしないと死に安い感があります。

小さい個体は酸欠や高温にも弱いので注意が必要です。

10cmぐらいあると、丈夫なんですがね。

良いプレコなので、おすすめです。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
orennji3
今日は、大規模な水槽の掃除をしました。

生体を外に出し、日光の下で撮影。

久々に、オレンジフィンカイザーが良い色をしていたので、撮影。

いつもより発色が良いと、逆に不安。

プレコの発色があまりにも良すぎると、★になる寸前!?

いままで、数匹、落としてますので、心配です。

orennji2

↑左、オレンジフィンカイザー 右 オレンジフィンレオパードトリムプレコ

オレンジフィンレオパードは、5cmほどの小さい個体を買って、ここまで大きくなりました。

2匹を比べると、オレンジフィンカイザーの異常な発色が分かりますねww

相当すごいレベルで輝いてますw

飼育状況は、田砂を敷いた90cm水槽で、全体的に明るめの環境です。

底面ブラックで飼育すると、暗い色になります。

久々に、プレコ熱が上がった一日でした。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
ituta
エサ金にかぶりつく、エンドリ。

ガーネットサンドを敷いてから、体色が明るくなり、バンド模様が浮き出てきました。

体長は、30cmから伸びなくなりました。

セルフィンプレコに舐められて、真っ白になり死にかけたり、初代オスカーに猛攻撃され、尾ひれが全壊したり何度か瀕死の重傷から不死鳥のごとく復活して現在に至ります。

あまり体長が伸びないのですが、短くてぶっといです。

普段は、ビックキャットをもりもり食べています。


suka
スカーレットトリムプレコの計測です。

19cm弱

うーむ。

なかなか大きくなりません。

最近は、レアキャラ扱いですしww

好きなトリム系プレコなので、気長にがんばります。
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。