上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特に変化もなく順調な紅尾金龍。

s-DSC_0056_2015053015030504a.jpg
s-DSC_0043_20150530150235788.jpg
s-DSC_0042_20150530150209768.jpg
エサは比較的なんでも食べるので飼育は楽な部類です。

カメのえさも食べますが、糞の量をからすると消化率は悪いように思います。

体長の伸びが緩くなった分、太さがでてきました。

特に変化もなく、特記することもなく・・・

まあ、それが一番よい状態と言ったところでしょうか~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

ディナミカ産の過背金龍です。側線にあたる三列目に鰭欠けが見られます。
この過背金龍は引取り魚の為、この状態で購入しました。

治療するのであれば、鱗を抜き再生させる方法があるのですが、これぐらいは許容範囲ですので放置です。
鱗欠けの原因としては、水質の急激な変化、悪化でしょうか。

引取り魚ですから、短い期間に何度か移動されているうちに欠けたと容易に予想できます。
うちにきた直後も松かさ病になり、死にかけました。

紅尾金龍と違い、過背金龍は鱗が弱いように思います。
現在は水に慣れ、ガンガン換水しても大丈夫な体になりましたが、変調を見逃さないよう注意しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村



家の暴君「ディナミカ産 過背金龍」です。

s-DSC_0016_20140608210915c18.jpg
右目が目たれしていますが、まあ、いいでしょう。

s-DSC_0015_20140608210914dab.jpg
s-DSC_0012_201406082108588d2.jpg
s-DSC_0009.jpg
s-DSC_0072_20140513193241c9a.jpg
背中も繋がってきていますね。

s-DSC_0070_201405131932391e3.jpg
s-DSC_0066_20140513193224517.jpg
s-DSC_0069_201405131932277a3.jpg
4~5列目に藍が残っています。
順調に飼育出来ていますので、記事にするネタが無いんですよねw










にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

久々にディナミカ産 過背金龍。

一昔前だったら、こんなバキバキに巻いたアジアアロワナなんて買えるわけない時代でした。

ディナミカカプアスと言えば紅龍、メタルレッドなどが有名です。

ディナミカの過背金龍て?どうなの?と思われている方も多いかと思います。すべての個体がこうなる訳ではないですが
良い過背金龍だと思います。

s-DSC_0070_201405131932391e3.jpg
s-DSC_0072_20140513193241c9a.jpg
s-DSC_0069_201405131932277a3.jpg
s-DSC_0068_201405131932259c3.jpg
s-DSC_0066_20140513193224517.jpg
s-DSC_0065_20140513193222d53.jpg
s-DSC_0063_2014051319320741e.jpg
s-DSC_0062_2014051319320659d.jpg
s-DSC_0060_2014051319320302e.jpg
性格は、かなりの乱暴者ですが・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

ちょっと登場回数が少なくなった主役「紅尾金龍」です。

順調すぎて、変化も無く、ゆとり飼育の為、書くことも少なく、コンディションもすこぶる良いのでトラブルもなく、温和な為、他魚との争うも無く、ボスの為、他魚からの攻撃を受けることもなく・・・まあ、これが一番良いことですね(笑

最近は、カメのエサを食べているので、栄養も充分。たま~ドジョウを上げると喜んで追い回します。
ちょっと興奮しすぎるので、ぶつけて鱗剥げが出ないか心配。

2009年12月頃の生まれですから、まだまだ若いアロワナです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

ディナミカ産の過背金龍です。去年の4月導入ですから、約1年が経ちました。

体色の変化としては、4列目までは、ベタ金。

s-DSC_0146.jpg
s-DSC_0147_20130414174956.jpg

↑昨年の4月の体色。

4列目の後方を見てみると、黒い部分が少なくなり金に変色しています。

ちょっと真上からの画像を撮り忘れましたが、背中も繋がってきました。

エサ食いも良好なので去年に比べて、かなり太くなってきています。

いいことだらけの過背金龍ですが、性格が超凶暴なので、苛ついてくるとポリプたちを噛みまくります・・・。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

最近、紅尾金龍がカメのエサを、食べるようになりました。
ヒラリーカエルガメ用に買ったエサを試しに、1500水槽に入れてみると、「アジアアロワナ」「キクラ」「トロピカルジャイアントガー」「フロリダスポッテッドガー」「オレンジキャット」「ブラックタライロン」・・・ほとんどの飼育魚が食べました・・・。

やはり混泳力はすごいですね。

これオンリーでもなんとかなりそうですが、エサローテーション制大好き人間としては、つまらないエサです。

コストが安くていいじゃない!と思われがちですが、養殖しているわけではないので、一番の楽しみ、エサやりは一番楽しみたい!

ま、ローテーションには当然、組み込みますけど(笑

それも多少多めのローテで(笑

おとひめ、キョーリン増体用もつかいます・・・

基本、生餌はドジョウとワームしか使いません。あとは近所のスーパーで、50%まで下がった小型魚を買い占め、冷凍して回します。おそらく、そのスーパーでは、異常な売れ方をする豆アジ、小アジ、きびなご、ハタハタ、ワカサギの仕入れに力を入れてくれるでしょうw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

明けまして、おめでとうございます。
本年も、アクア熱全開で、がんばりたいと思います。

現在の飼育状況を年始にあたって確認していきたいと思います。

■1500×750×600水槽

紅尾金龍
淡水エイ
オレンジキャット
ブラックタライロン
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテッドガー2匹
セルフィンプレコ2匹
エンドリーケリー
コンギクス
ビキール・ビキール
ダトニオ・プラスワン2匹
デルヘッジ

■900×450×600水槽

????1匹
ブルードルフィンキャット
トーキングキャット

■1200×600×450水槽

過背金龍
デルヘッジ2匹

■プラ船
クサガメ

上記が、飼育魚&カメのすべてになります。
900水槽の????は、文字化けではありませんw
近日、公開の為Unknownにしてあります。

ヒント
文字数は4文字以上あります。
デカイです。

まあ、誰も予想できないと思われるので、お楽しみに・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。