上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロ1

紅尾金龍がやってきて、26日が経過しました。

サイズ15cm→20cmオーバー?うまく測れないので見た目です。

小赤も食べているようですが、コオロギが大好き。

来たばかりの頃は、なにも食べない日が多く、多くてもコオロギ5匹ぐらいの食の細さ。

最近は、10匹以上いきますね。

ジャンボミルワームは、あまり食べません。浮かんでないエサを食べないので、沈むと無視されてしまいます。
そのうち、フィシュレットに吸い込まれ・・・・

フィシュレットは、非常に便利ですが、掃除のときの臭いが強烈です。

ヘドロ?昔、ドブ川でザリガニを採っていた頃のにおいw

フィシュレットにワームとドジョウがギッシリと詰まっていると萎えますね。

今週末にイーストアフリカさんがオープンするので、タンクメイトを物色に行こうと思います。

有力候補をしては、フロリダスポッテッドガー、ダトニオプラスワン(5cm育つまで時間かかるなあ)、あたりですかね。パロットとプロキロは、個人的にあまり好きではないのでいろいろ考えています。

あまりやらない組み合わせとして、錦鯉とアロワナの混泳も思案中。

コイはエサをガバガバ喰うので、考えどころです。

ヒレナガゴイのメタル発色の銀鱗、金鱗、または、大正あたりに目星をつけています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
どら口


ゴールドエッジドラゴンハイフィンレオパードトリムの口です。しかし名前が長いですねw。

この口はでかいです。500円玉ぐらいあると思います。中に2重の歯が生えていて、いろいろ削り取ります。

ゴールドエッジは、全身刺だらけの上に、胸鰭の刺がすごく、物に押し付けてからの胸鰭ブレード斬りが一番の脅威。

胸鰭ブレードの犠牲者

●オレンジフィンカイザー
頭上から背中に1撃。

●セルフィンプレコ
背びれ半壊

●セルフィンプレコ
腹を切り裂かれて死亡。

●ゴールドエッジマグナム
頭から背びれにかけて、斬られ死亡。

番外編
●コリドラス
おそらく、逃げ遅れて齧られた?

その他、けが人多数。

・・・・・・

回避させるために、シェルターやら、流木を多めにいれているのですが、逆に運悪く逃げ場がなくなると、押し付けられて斬られます。

最近は、うまく混泳できていて犠牲者はでていません。

とにかく、パワーがすごい暴君です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
どらなな
久々に、ゴールドエッジドラゴンハイフィンレオパードトリムです。

全身刺だらけで、素手では掴めません。

以前、水槽の移動のときに軍手をしながら持ち上げたのですが、手を怪我してしまいました。

サイズは正確には測ってませんが35cmほどあると思います。

90cm水槽の暴君として君臨しています。とにかく気が荒く、エサをやりに近づくだけで、背びれを立てて体当たりをしようとします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

エサを食べる時もまわりを蹴散らして食べます。普段はキャットをモリモリ食べていますが、冷凍赤虫も大好物のようです。

まあ、暴れん坊ですが、一番のお気に入りのプレコなので、さらに大きく育ってほしいところです。
osuka

残念ながら(よかった?w)無精卵でした。

別にして、弱めのエアをしていた卵もカビてきたので、排除しました。

オスカーの稚魚が30匹も産まれたら・・・などと考えていましたが、残念のような安心したような気分。

いまだにペアなのか?、どちらがオスなのかメスなのか??まったく判別できませんw


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




でる3

3匹の中の1匹。

目の白濁が酷かった個体。白濁は完全に直ったものの、左目の黒目の真ん中に小さい穴が開いており失明している模様。ここまで、回復してくれたので心配はないと思う。

でる2

2匹目の個体。
バンドが乱れ気味のデルヘッジ。

バンドの黒が真っ黒で、よい模様をしてます。

この子は、腹が赤くなっていて赤斑(皮下出血)していました。

もしかしたら、細菌感染しているかもしれないと、隔離してグリーンFを通常の三分の一入れ様子をみましたが、自然に回復してきました。

でる1

3匹目の個体

シクリッドとプレコに舐められたキズで、ガノイン鱗がザラザラになっていた個体。
回復してきました。

細いドジョウを沢山入れておいたので、それをもりもり食べて強壮がついた様子。

3匹ともに、鼻管が溶けているので、もどるかどうか・・・。


3匹ともにメスのようなので、オスの個体とあわせて、いつか繁殖にもチャンレンジしたいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村


ドリーK

先日、知り合いの引越しにともない、水槽を整理するとのことなので、生体をいくつか譲り受けました。
ドリーKのデルヘッジ3匹、証明書つきです。サイズは20cmほどあります。

しかし、飼っていた状態が正直悪く、ガノインの剥がれ、鼻管消失、目が白濁、腹に赤い模様など、さまざまな状態がでており、しばらく60cmの水槽に入れ様子を見ることにしました。

2週間ほどで、目、ガノイン、腹は回復。水の汚れからきていると思っていたので、とくに薬はいれないで正解でした。

鼻管は、うまく再生してくれるのを待つのみ。

つづく。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村



Wおすか
※産卵したペア
 左 オリノコ産ワイルドオスカー(1500円)
 右 ブリードタイガーオスカー(600円)

オスカーの産卵

現在、120cm水槽を紅尾金龍のサイズアップ飼育につかっているので、オスカー2匹を90cm水槽に移しました。

普段から小競り合いをしている2匹で、たいした怪我もしないので、気にせず90cmで飼育していたら、なんと卵が40個~70個?ぐらい石に産み付けられておりました。

うわわわわっと驚くとともに、オス&メスのペアなのかなと疑問に。雄雌の見分け方を知らないのでなんともいえませんが、2年ほど飼っていて初めての産卵です。

ベアタンクに石組レイアウトのみの水槽です。

2日ほど卵をそのままにしておいたら、カビてきたので、かびた卵を取り除き、いけそうな卵を隔離。ちゃんとした卵ならば孵化すると思います。

しかし、大食のオスカーが20匹も育ったら・・・・・。写真は、後日アップします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

紅尾金龍13~18日目の食事

こおろぎのストックがきれたので、小赤を100匹投入しました。

毎日どれぐらい食べているか分かりませんが、確実に小赤が減ってきています。

エンドリケリとデルヘッジ3匹も同居なので、こいつらも食べているはずw

なかなか、うまく写真が取れないので、今週末にがんばって撮ります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
紅尾金龍12日目の食事

朝 こおろぎ5匹 ミルワーム3残し 
夜 こおろぎ7匹 ミルワーム3残し

こおろぎの食べる数が順調に伸びてきた。ジャイアントミルワームは、入れると底に沈んでしまい。底まで落ちると食べない。

底まで落ちた、ワームはエンドリケリがモリモリ食べている。

ワームを浮かんだままにする方法ないですか?w

追伸
こおろぎのストックが切れました><
クロコオロギとやらを50匹ほど買ってきたのですが、10匹近く死にました。

今週末に、こおろぎを補充する予定です。
こおろぎコロニーも整備したいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
 
オリノコ
※(写真はオリノコ産ワイルドオスカー 25cmほどの個体)

オスカーはアメリカンシクリッドで、古くから人気があります。

なんでもよく食べ、よく出す。どんな魚でも言えることですが、エサやり、成長が目に見えることが飼育の楽しさの大部分だと思います。

その点でいうならば、オスカーは非常に魅力あふれる熱帯魚だと思います。

5cmぐらいのブリード物でも数か月で、20cmを平気で越えてきます。まさに成長が実感できる魚です。

エサをあげる人を認識するため、通称クレクレダンスを見ることもできます。

注意すべき点は、肉食ですぐに20cm~30cm以上に育ちますので、90cm以上の飼育施設が必要ということと、アフリカンにくらべ、おとなしいとは言え、縄張り意識の強い魚なので、混泳の種類を選ぶことです。

家では、90cmでオスカーを5匹飼っていましたが、3匹が喧嘩などで☆になりました。

シルバーアロワナにも喧嘩をしかけ、さすがに勝てはしないものの鱗を飛ばすぐらのことはします。

また遊泳圏が違うポリプテルスなども、背びれや尾ひれに噛みついて怪我をさせたり、執拗に追い回したりする場合があります。

個体差にもよりますが、なかなかやってみないことにはうまく混泳できるかどうか分からないのが実情です。
家のエンドリケリも尻尾をボロボロにされました。

プレコには無関心のようです。

オスカーは非常に大食で、あげる側からすると楽しい魚です。

家でのメニューとしては、普段は安価な浮上コイのエサをメインにあげています。

月に数回、小赤、ドジョウ、ミルワーム、コオロギもあげています。

オスカーの魅力を最大限に引き出すには、活餌と人工エサの併用が一番だと思います。

活餌はダイナミックな大食ぶりを見ることができます。(家族には、ヒンシュクものですが><)。

よく食べているオスカーはきれいな楕円形と頭のオデコの肉がぷりっと張りのある表情を見せます。
逆に、栄養不足なオスカーは痩せていて、頭部に比べて体が小さくバランスが悪い干物のようになります。

オスカーはタフな魚なので、多少の怪我はすぐ治ります。喧嘩もよくするので、鱗を飛ばしたり、ひれが裂けたりは混泳していると普通におこりえます。隔離してエサ食いが落ちなければすぐに回復しますが、そのまま混泳させていると、いじめ殺される可能性があります。執拗にいじめられる個体がでたら、隔離しましょう。

ブリードものとワイルドものについてですが、完全に好みになると思います。ブリードものは、錦コイと同じように改良に改良をくわえ、赤い面積を増やしたレッドオスカーやアルビノ種、など色をより引き出したものが主流です。安くて、きれいに育ちます。

ワイルドものですが、全体的にブリードより地味な色合いが多いのですが、ワイルドものにしかないジワットした魅力があります。産地によって色合いから体型も違いますし、驚くような色合いのものもいます。

私の見た限りでのブリードもの幼魚値段帯は300円~2000円程度。ワイルドものだと900円~3万円程度。現在輸出規制がいっそうきびしくなり、トカンチンス上流産、パンタナール産などは大変貴重になっていて値段が高いです。

一般的には寿命10年といわれていますので、自分のお気に入りを見つけて大事に育ててください。

幼魚のときと成魚では色合いや柄が、かなり変わりますので、サイトで成魚の柄、色合いを事前に調べておくことをお勧めします。

長くなりましたが、基本的に、肉食系を飼ってしまうと水槽の本数を増やさない限り、制限ができますのでご注意ください。どうしても飼いきれないときは近くのショップさんに相談しましょう。

※あくまで私見なので、ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
紅尾金龍11日目の食事

朝 こおろぎ5匹 
夜 こおろぎ5匹 ミルワーム2匹 1匹残し

ころろぎ3匹目まで、ぺろりと食べ4匹目ゆっくり、5匹目咥えて泳ぎながら食べている。
5匹でちょうどいいのかなと思っています。入れすぎると無駄になるし、外部フィルターのホースから脱走するので、食べきり数で投入。

サイズ15cm→18cm??
きちんと測れないのでわかりませんが、見た目確実に大きくなりました。1日で分かるぐらい育った。成長が確認できるとうれしいものです。

20cmになったら、小赤と入れるか、このまま昆虫食でいくか迷っています。いろいろなサイトでエサに関するレポートがあり目を通したところ、小赤漬でバンバン大きくしてしまう方法と、小さいころは昆虫食でじっくり育てる方法をよく目にします。

いまのところ、コオロギをよく食べているので、しばらくコオロギとデザートにミルワームで行こうかなと考え中。
エサの配分をいろいろ考えたりするだけでも楽しいものです。
  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
紅尾金龍10日目の食事

朝 こおろぎ4匹 1匹残し
夜 こおろぎ3匹 2匹残し
  ミルワーム1匹

残った、こおろぎとミルワームは、下のエンドリケリがモリモリ食べた。

腹が膨らむほど食べているので、良い感じ。
あまったエサをエンドリが食べていて、メタボになってきたw

レイシー120cm上部がほしい、このごろ。

RFとRFGどちらがよいのでしょうか?w
おそらく値段的に買えてもRFな気がしますw

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
今日のメニュー

朝 こおろぎ3匹 ミルワーム5匹
夜 こおろぎ4匹

サイズ15cm かわらず

我が家に来てから9日目。やっと↑これだけ食べてくれた。一安心。
このサイズであれば、60cmに単独飼いして、サイズアップを狙うべきだと思うのだが、スペース的に余裕がなく、120cmでがんばるしかない。

ph6.8
水温30.2

今後、外部ろ過だけだと不安なので、上部フィルターを注文した。
火曜日に届く予定。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
紅尾金龍のルギアさんが、家に来て1週間がたちました。

まだ、もといた水槽より広い水槽にきたためか、エサをあまり食べてくれません。
20cmオーバーのオスカーが2匹同居しているので、安全の為、セパレーターで隔離しています。
なんせ、オスカーたちは歴戦の兵なので、15cmのルギアさんが攻撃された場合非常に危険です。

昨日、寝る寸前にすさまじい水音がしたので、あわてて見に行くと、なんとセパレーターの上のわずかな隙間から、るぎあさんが乗り越えていました。
うへえ、あわてて、セパレーターを動かし、隔離。

これでは、心配で心配で不安なので、オスカーたちを他の水槽に移しました。

これで、紅尾金龍15cm、エンドリーケリ30cm、メダカ50匹になりました。

しばらく、これで様子を見ます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

アロワナ

2010/03/10

文字色紅尾
ついに、アジアアロワナ君がやって来た。

紅尾金龍(マハトゴールデン)
15cmぐらい

120cm水槽をセパレーターで区切って、入れました。
ショップより、広くなったためか、びびり気味・・・

はやく慣れて、もりもりエサを食べてほしいです。

なんか、こどもたちが勝手に名前をつけていて、「ルギア」だそうです。ポケモンの名前らしいが、分かりませんw
ルギアの成長記録のスタートです。

↓参加しました。ポチットお願いしますw。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
ぽりアップ
ブリード物のエンドリさん。

顔つきがふっくらとしてます。ワイルドものは、顔がもっと潰れたように平たくいかにもな感じがします。

愛嬌のある顔が好みな方は、ブリード物がおすすめです。

Wおすか
120cm水槽にオスカー2匹を移しました。

ちょっと色がとんでますね。

90cmの水槽のときは、喧嘩しまくりでした。120cmなら、広いので大丈夫?

そんなことはなくw。広いのに、くっついて喧嘩ww

水槽が広くなったので、あと2匹ぐらい投入してバランスをとろうとおもいます。

レオパードを狙ってます。

Wオスカー旧

↑は、90cmの頃の写真。色とびが分かりますねw
ポリプ食べる
ドジョウを入れた瞬間。いつもは、ボケーとしているポリプさんが、奥から突撃。

このあと、10分ほど、このまま・・・

弱るまで、まっている様子。

その後、丸飲み。

このあと、2匹ほど飲み込んで、お腹パンパンになっておりました。
うわドラゴン
こどもが、ドラゴンが死んでる~と騒いでいたので、見に行くと・・・・・



最近、こんなカッコでよく寝ていますwww

喧嘩して、背びれ治療中。60cm水槽なのでリラックスしてるのかなあ。

プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。