上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちこち巡って、新魚導入予定。

最近、ストレスがひどいと魚に頼ってしまいます。

一種の安定剤になってます。

・・・

・・・

さて、ナニが入るかなw



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
banikin_0217
3週間ほど拒食で何も食べなかった紅尾金龍が復活しました。

人口エサメインで育ててきましたが、やはりいろいろなエサを上げた方が良いようです。

コオロギをポツリポツリと食べるようになって食がもどりました。

このアロワナの証明書を改めてみてみると、平成21年10月30日にインドネシアからやって来ました。

そのときのサイズが14cm

いまでは45cmオーバーですから、大きくなりましたね。

MAJU AQUARIUMのMAHATO F4個体です。

紅尾金龍、マハトゴールデン、スマトラゴールデンと呼ばれています。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
pa-ti_0217
あちこち白いところが、肌荒れぽいです。

他の魚は特になんともないので、馴染んでくれば大丈夫かな?と思いますが、硬度とphが高いからかなあ。

サンゴ砂を取り出して様子を見て見ましょうか。





↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
futoi_0217
なぜか、デルヘッジと仲良しのタラちゃん。

このように、同じ方向を向いて並びます。

同じ方向を一斉に向いているときありませんか?

特にポリプ系は、同じ方向を向いてる時が、ダントツに多いですよね?

方角なのか?なんなのか?

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
pori2_0217
すっかり、落ち着いてエサのとき以外はまったく動かなくなりました。非常におとなしいですね。エサ金を捕食してにいくときは、戦艦のように斜めにビューンと発進して、ガブリとやるので迫力があります。それ以外の時は、ポリプたちと群れています。まるで、大きなエンドリのようにも見えます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
oto_0218
エーハイム2260は、今でも最強の外部フィルターだと思っていますが、結構うるさいのが難点です。

そこで写真のように、紐でモーターと土台をキツク縛ってやると驚くほど騒音を減らせます。

おおおって驚くくらい静かになりますのでお試しください。

otozenta
↑全体図

殺菌灯と接続しています。

モーター部を隠すヘッドは使っていません。

少しでもホースやモーター部が触れると振動音がするため、はずしています。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
水槽2
なんとブログのヒット数が10万を越えました!

こんなブログでも見に来てくれている方々に感謝です。

写真の水槽は、熱帯魚を初めて飼育し始めた頃のものです。

流木にウィローモスを巻きつけたり、水草や石を配置したり初心者なりに楽しんでました。

今では、アロワナやポリプ、ホーリー、アイスポットなど大型魚がメインになりましたが、これからもいろいろな魚を飼育していきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします~


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
7nitime_0217
タイガータライーラの導入から7日目。

一応今回で混泳記事最終回です。

なぜならば、無事この水槽でいける確信のような手ごたえがでてきたからです。

ここまでくれば、他の魚が食われることも少ないでしょう。

ただ100%ではないので、いろいろな日常の変化を見逃さないようにしたいと思います。

初めてこのホーリーをショップで見たときは、独特の斜め泳ぎをしていて手をかざすとガバッと威嚇してきました。

そのあとも、バシャバシャとせわしなく泳ぎ、うーむ、これいけるかなあ(混泳できるかどうか)と悩みました。

アロワナがこの牙でやられたのでは、元も子もないので不安でしたが、もう止まらない超特急と化していたので思い切って持ってかえりました。

それから7日間日記をつけることを決め、いろいろな混泳作戦を実行し成功したと言えるところまで着ました。

成功の秘訣は・・・




まあ、一言で言うならば個体差www

つまりは、人間がどう考えようと、その個体と他の魚との相性でしかないので、やって見ないと分からないということです。

今後もかなり無茶な混泳にチャレンジしていこうと思いますが、すでにかなりの危険と判明しているアロワナの2頭飼育や、フラワーホーンの混泳などは、怖くてできませんw

また、ブラックピラニアや、ジャイアントイエローとの混泳などもチャレンジしないでしょうw

当面は、タイガータライーラのよく言われているサイズがMAX50cmということなので、50cmオーバーを目標に飼育していきたいと思います。

アロワナと巨大ホーリーの混泳の迫力をお伝えできればと思っています。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

holy_02sukinabasyo
タイガータライーラの混泳6日目になりました。

夜は消灯することにしました。

いつものように点呼。

・・・

・・・

・・・

無事でした。

すっかり落ち着いたみたいです。

他の魚も導入直後は、緊張感がありましたが今では通常の暮らしに戻っています。

頭が大きく胴体が太い個体なので、見栄えがします。

ここまでくると、もう安心区域に入りましたね。

週末には、別下を買いに行こうと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
zentai_02
昨夜は、初めて消灯してみました。

真っ暗の中でぶつかり合うと、抗争に発展する可能性はありますが、魚も消灯していたほうがよく眠れるはずなのでチャレンジしてみました。

朝になり水中蛍光灯を点灯。

点呼。

・・・

・・・

・・・

無事でした。

意外と大人しいやつなのかなあぁ

と思っていたら

網でごみ取りしていたとき、遠くからガバッー

うわあぁ

網を齧られました・・・

ちょっと油断しました。

どうも網に敵愾心があるようです。

導入から5日が過ぎ、落ち着いたのか、ほとんど泳がなくなりました。

エアストーンの所か、ヒーターのそばから動きません。

本来、こういった魚なんですね。

落ち着いてきたようです。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
kiba_02
タイガータライーラの混泳5日目になりました。

いつものように点呼。

・・・

・・・

・・・

・・・

全員無事でした~

タライーラさんの鰓や尾びれに擦りキズが・・・

いない間に暴れたかな?

小さい隙間に無理やり頭を突っ込むときがあるので、鰓のスレはそのときかもしれません。

弾丸のような形のデカイ頭をぐりぐりと突っ込みます。

ミナス州産のワイルド個体らしいのですが、産地によって形が違うんでしょうか?

それにしても、でかい顔とでかい口です。

鋭い歯は、口の骨格からじかに生えているように見えます。

下の2本は太いですね。

これで、別下をバリバリと噛んで飲み込みます。

今のところ順調にきています。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

ダイコン

2011/02/16

daikon
こんなダイコンが採れました。

週末に、煮物かおでんにしようと思います。

焼酎と熱燗のお伴に最高ですね!
narabe_0215
うちのダトニオプラスワンは、なぜか並びます。

全部500円玉くらいから飼育し始め、一番大きい右の個体が21cmになりました。

右の子は、まとめてもらったときもすでに一番大きい個体でした。

ただ、色も真っ黒で水槽の隅に横たわっていたのを覚えています。

いまでは、一番大きく、一番発色が良い個体になりました。

3匹ともにキャット>ビックキャットを食べますので、飼育は楽なほうです。

tara_0215
タイガータライーラさんがきて混泳3日目。

いつものように点呼。

・・・

・・・

・・・

全員無事でした!

外傷もなし。

今日も、エサ金に豪快に齧り付いておりました。

ショップさんでは、エサが落ちてくるところに独特のナナメ縦泳ぎをしていたんですが、混泳の為かしませんね。

鰓の端のほうがフニャフニャにやわらかそうなんですが、みんなそうなんでしょうか?

凶暴そうですが、大人しい個体です。

頭がデカイです。

ためしにビックキャットを入れてみました。

グバグバ

食べますねw

助かります。




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
gannbareba_02
がんばると、これぐらいの色がでますw

ほんと、ダトニオプラスワンは気分で発色が違いますね。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
holy_02matikamae
タイガータライーラの混泳3日目です。

いつものように、点呼。

・・・

・・・

・・・

全員無事でした!

タライーラがバカバカ泳いで、エサ金を食べるので全体の食いがアップしエサ金が切れそうです。

エサ切れすると怖いので、調達しないといけません。

タライーラは、下でじっとしているときは、少し胸をそらし上を見ているように見えます。

食べられる魚を探しているんでしょうか。

今日も、無事でありますように。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
holy_02oyogi
2日目の夜になりました。

まずは、点呼です。


・・・

・・・

無事みんないましたw

いろいろな、ブログや書籍でホーリーはあまり動かず、底で獲物を待つと書いてあるので、あまり泳がないんだと思っていました。

ところが、アロワナの鰓めくれ防止用に水流があるためか、結構泳ぎます。

アロワナは45cm弱でしょうか。

タイガータライーラは34cmなので10cmほど小さいですが、結構迫力がありますね。

アロワナとタイガータライーラは、お互いあまり関心がないようです。

テメンシスやケルベリなどのキクラたちと、いっしょに泳いだりもしてます。

このままうまく混泳できるとうれしいのですが、まだまだ慎重にいこうと思います。




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
holy_02dell
知り合いに、タライーラの混泳なんて恐ろしいことするなぁ。

タライーラてメチャクチャ凶悪で、混泳魚喰い殺されるぞ。

人間の手だって噛みつかれるぞ!

ポルトデモスと違ってタイガーホーリーはヤバい!

やめろ!

と、脅されましたww

たしかに、手は噛まれそうになりましたが・・・



逆に燃えてきました!


・・・


さて、エアストーンの横と上を住処に決めたタイガータライーラさん。

もともとそこは、デルヘッジ3人衆の住処だったわけです。

で、その上にズドンと乗っかってますww

デルヘッジもなんの違和感もなく、逃げるわけでもなく共存してます。

ポリプとの共存は問題ないことが分かりましたw

と思ったらタライーラの鰓のやわらかそうな端をデルヘッジに噛まれて逃げてました・・・

まだ、まだ油断禁物です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
holy_02
無事、一夜明けました。

他の個体が減ってないか(喰われてないかw)点呼。

・・・

・・・

・・・

・・・

無事でした。

タイガータライーラもエアカーテンの所を根城にしたらしいです。

今回の混泳の作戦としては、

■夜でもライトを点灯しておく

■エサの金魚をきらさない

■流木などの障害物をのぞく(流木のまわりをテリトリーにさせない為)

■若干水温を下げる

他の魚の動向としては、

○アロワナ
入れた直後にクワーーッて口を開けて、新顔を威嚇。無視されると、それ以来、無関心。

○アイスポット
無関心を装いながら、近づいてくると逃げる。

○ポリプ類
気にしてない?気づいていない?

○ダトニオプラスワン
逃げまどう

○プレコ類
巨大な影がくると逃げる

○グレートナイルパーチ
口をあけて、威嚇しにいくも無視されて、どうしたらいいか分からない模様。近くをうろうろ泳いでいるので、タライーラが怒りの鉄拳がでないか心配。

全体のイメージ

結構、タライーラが泳ぐので最初は、逃げまどっていた魚たちも慣れてくると、日常に戻った様子。

いつもと違って、エサが絶えずある状態なので、きれたときがまだまだ、不安材料。


しばらくは、すぐに隔離できる準備をしつつ様子見ですね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
holy_02kao
ここのところ、どうしてもアロワナと混泳させてみたいと考えていたホーリーを導入しました。

まあ、タライロンは高くて買えないので、ポルトデモスを探していたんですが探すといない罠で、なんとなく時を過ごしていました。


イーストアフリカさんにお邪魔したとき、あ!

これどうかなあ?

いけるかなあ?

そこで、女性の店員さんに相談。

一時期、ポリプやアロと混泳もしていた個体とのこと。

まあ、気は結構荒いですけどw

なんか、エサを待ち構えて威嚇してますねw

・・・

うーむw

小さいタイガータライーラも2匹ほど売っていたので、迷ったのですが、この34cmほどの個体でチャレンジしてみることにしました。

だめなら90cmに単独かな。

いざ、導入開始です。

今まで、エンペラースネークや、アイスポット、オスカー、などもドキドキしながら追加していってうまくいってますので、そこそこ混泳には自信がございます。

しかし!

今までのと違って、1発の攻撃力が大きいのと、基本は単独飼育推奨種なので慎重になりますね。

別下を50匹ほど入れて、意識を散らす作戦も開始。

水あわせして、ドボンww


さて、さてどうなりますか。

随時、レポートしていく予定です。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
22600
エーハイム2260から、とんでもないぐらいでかい異音がして、水がとまりました。

ぎゃぎゃぎゃ・・・

とにかく、電源を落として、ドレンから排水。

フタを開けてみると・・・



2260kosyou


!!!!!


カエルが溺死

・・・・

これか・・・

ついでに、濾材を洗って設置し吸水口から、ホースをつっこんで濾過槽に水を満水にしてスイッチオン!

ブシューーーーーー


え!?


ブシューーーーー

ぎゃーーーーー



フタの横から、圧縮された水が噴出してる><

なんで???

とにかく止めて、ああああ

ああああ

サイフォンの原理が・・・

もう、パニック

あれだ、タップをタップを

ひねって、ドレンにホース突っ込んで、排水。

原因は、Oリングを濾過槽に置いてフタを閉めたんですが、Oリングは、フタの溝に入れて閉めないといけなかったんです><

Oリング・・・

正直、なめてました><

すいません。

Oリングの偉大さが分かりましたw

で・・・

異音なりやまず。

インペラでも壊れたか、インペラシャフト折れたかな・・・・><

交換部品高いんだよなあ・・・

恐る恐るモーターヘッド分解。

・・・

・・・

また、貴様か!

ちょっと、グロいので、写真は撮りませんでしたが、

カエル・・

詰まってました・・・

吸水口のストレーナーの先がはずれ、そこからカエルが吸い込まれ、モーターを止めていました><

そのあと、浄水器のホースが外れて、水がこぼれたり給水中に転んで、大量に水をこぼしたり

水難の1日でした。

かかった時間は5時間・・・

今年の大惨事ベストに、ノミネートです。早っ・・・




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
keru01
キクラ ケルベリ

テメンシスに比べて、エサの好き嫌いがあるため、全長はテメンシスに抜かれてしまいました。

ほっぺたが黄色に染まり、全体的に明るい黄色に発色します。

尾びれに行くに従って、黄金のワームスポットが入っていきます。

まだまだ、サイズ的に小さいので完全に成魚になったときが楽しみです。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
今週は、2店舗を訪問。

久々にトロピランド小平店へ

こちらは、水草が豊富。

いくつか90cm用に安い水草を購入。

日淡コーナーではヒブナが種類豊富でめずらしい。

以外とマニアックな魚がたまにいるのは、うれしいかぎり。

エロンガータ・ピラニア・・・

久々に見たw

バンデットレポナリス!おおいいね。

■個人的に気になったもの

ゴールデンセベラム

もうちょっとサイズは大きければ買っていた。

■今回のお買い物

コオロギ100匹

どじょう30匹

プラティ10匹


○ピーデー熱帯魚センター

続いて、ピーデーへ

ワールド館から

ばかでかいアリゲーターガーがウヨウヨと泳ぐ巨大水槽を眺める。

ほんと、個人で飼える人が限られている魚ですねw。

ビキール・ビキールのチャド産が多数。

フィトリー産のバカデカイのが1匹。

顔つきも精悍で、思わず買ってしまいそう?w

ベネズエラ タライロンがお出迎え。

いつみてもカッコいいけど、値段がすごいw

買い取り魚のトロジャンとマンファリの50cmぐらいのが、9800円ぐらい。

じーーーと眺める・・・

パカモンの40~ぐらいのが、どべーと寝ている。

ナイルパーチ ニロチカスが多数入荷。少し、悩む・・・

サンフランシスコ タライロン3匹

じーーーーと眺める・・・

カッコイイ

値段48000両也・・・

無念w

フィトリービキール・ビキール>ニロチカス>タライロンを何度も引き返して眺める。

■今回のお買い物

ウールマット


お金がないので、眺めて終わり・・・



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ofk
ワタクシの大好きなプレコ。

オレンジフィンカイザー2匹です。

10cm~13cmぐらいでしょうか。

ほとんど大きくなった気がしません。

プレコはセルフィン以外、成長遅いですね~

オレンジフィンカイザーは比較的入手しやすい綺麗なプレコだと思います。

経験上、すごく小さい個体は導入時に細心の注意をしないと死に安い感があります。

小さい個体は酸欠や高温にも弱いので注意が必要です。

10cmぐらいあると、丈夫なんですがね。

良いプレコなので、おすすめです。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
temen_02
キクラの中でも最大種のテメンシス。

人口エサを食べるか、食べないかで成長が違います。

ショップの方針で、人口エサをとにかく、食べさせるところと、エサ金を投入するショップがあります。

人口エサに餌付かせるショップで、幼魚を買うと後々楽ですね。

このテメンシスは、逆に人口エサしか食べません。

それも、ビックキャットかキャット以外はほとんど食べません。

ビックキャットを1回10粒は食べます。

1日2回ですから20粒。

1粒=エサ金1.8匹と袋に書いてありました・・・

え??

食いすぎなんじゃ・・・


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
urokohagare
夜中にバシャンシャ、バシャーン、ボコンと音がして見に行くと・・・

ぎゃーーーーーーーー

グワワウェアワ

アロワナさんの頭があああぁ

鱗が2枚飛んでます><

uroko


ショックだ・・・。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
reitoukoorogi
果物で育て、ビタミンBを添加し足を取って生きたまま冷凍されたコオロギ。

なんか、すごいなコレw

reitounakami
↑中身は、こんなコオロギが入っていました。

肝心のアロワナさんに上げてみると・・・




拒食のため、食べませんでした><

テメンシスがなぜか、バクバク食べてくれました・・・

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
deru_02
8バンドのデルヘッジ。

冷凍キビナゴとジャイアントミルワームをたっぷり食べて、でっぷり。


deru_0201
↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
sumatora_02
今月の紅尾金龍さん

拒食2週間目・・・

飼い始めてから、初めてのロング拒食。

そして、拒食したらすごく綺麗になってきました・・・

妙な発色をするときは、危険です。

プレコの★になる直前の輝きにならなければ、よいのですが・・・

明日、大好物のコオロギを買ってきてやろうと思います。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。