上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zentai_0627
現在1200×600×600で飼育中。

仕事が忙しくなり、メンテの時間が減った関係で、一部の魚を放出。

濾過バランスも戻ってきて、5日1回ぐらいの水換えで充分になってきました。

いまいるメンバーをこのまま飼育し続ける為に、水槽の大型化計画を発動。

いろいろな面を家族と話し合いました。

結果・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

もう好きにしたら・・・

ははーっ。

ありがたき、お言葉??




以下 条件面

・水槽を大きくしても、魚を増やさないこと
(知らないうちに入れれば、ばれないはずw

・床に水をこぼさないこと
(綺麗にふき取ります

・飲酒にかかる費用を減らすこと
(たぶん無理です

・金魚とカエルとコオロギの禁止
(いろいろ脱走してますから、ドジョウとザリガニにすれば・・・

・見た目が綺麗なこと
(難しいな・・・

以下 設置条件

3階立てマンションの2Fで、玄関の間口が65cm、調べたら前の住人がピアノを置くために補強してあるとのこと。

以下 大型化の理由

・いまいるメンバーを健康的に飼育する

・紅尾金龍を馬鹿でかくする


で、いろいろ考えてます

計画案1

■1500×750×600 オーバーフロー

計画案2

■1800×900×600 上部濾過

材質や加工

■材質

アクリル、FRP水槽

FRPのほうが安いが、どうなんでしょうか。

■加工

底面、側面、背面のブラック加工はどうするか。

設置場所から考えて横から見えなくなるので、4面ブラックでも良いかどうか。



まあ、中古の出物を狙いながらになるので、いつになるかわかりませんが、検討中です。
奥行き75cmでも充分そうですが、サイズ的には1800×900にしておけば後悔はないはず。
上部濾過でも、ブロアで濾過層にエアレーションしつつ大きめの濾過にすれば、いけると思います。

FRPなら断熱費が安くなるのは確実なので、検討していますが、見た目はやはりアクリルのほうが良いですよね。

まだ、まだ検討中のお話でした。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

dorado_0627
フラッシュ撮影。

ギラギラに輝いてますね。

このドラードはなんでも食べるんですが、ザリガニの頭を残したり、ドジョウに噛み付いて頭だけ残したりと一部分残す悪い奴ですw

まあ、食い残しはデルヘッジが処理してくれるので赦しています。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
6月25日から、100cmオーバーの巨大アリゲーターガーが1匹1万円だそうです。

販売店は「ピーデー熱帯魚センター」ワールド館。

あの4M水槽にいた奴らが・・・

ワールド館を閉める噂は本当かもしれませんね。

ワールド館にいる化け物たちを激安販売するらしいです。

巨大エンドリや、タライロンも安くなるのかな?

明日、いけたら見に行ってきます。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

その後のPh値

2011/06/25

PH_0625
上部濾過層の掃除、飼育魚の縮小から1週間が経過し、Phの下がり方も緩やかになりました。

水も濾過が効いている透明度が戻ってきた様子。

水換え直後
ph6.8

1日目の夜
Ph6.4

2日目の夜
Ph6.1

3日目の夜
Ph5.8

4日目の夜

Ph5.5

ここで水換え

Ph6.7

エサ食いも良く、バカバカ投入して食べさせています。

水槽のサイズあっぷ検討中です。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
レオパード_0620
大放出後、ザリガニをたらふく食べられるようになったオスカーの発色がよくなってきました。

小さいザリガニを、もりもり食べてるので体高、スタイルも好みの形になってきました。

腹びれと尻ビレの黒さと赤の濃さが、ほれぼれします。

http://rubro727.blog136.fc2.com/
↑オスカー繁殖日記のルブロさんにも、餌による発色についてお聞きしたことがありますが、やはり餌によってかなり影響がでますね。

このオスカーは他にも、らんちゅうの色揚餌も食べますので、更に効果がでているんだと思います。

ひとつの完成形なので、維持できるように飼育していきたいと思います。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

大放出開始

2011/06/19

放出_0620
水槽サイズ:1200×600×600
濾過:上部濾過レイシーRF120(濾材28L)
   エーハイム2260(濾材18L)
   エーハイム2217(濾材6)
   濾材合計52L
殺菌:カミハタ ターボツイスト

上記のスペックで、破滅型大混泳水槽をまわしておりましたが、多忙のため飼育魚を一部放出しました。
飼育魚の数、大きさに比べ水の量、濾材の量があきらかに足りないので、補うべく水換えの頻度を上げてがんばっていましたが、崩壊を招く前になんとかするしかないと決断。

残した魚

紅尾金龍
キクラ ケルベリ
キクラ リオモジュ
ドラードカラシン
ダトニオプラスワン3匹
レオパードオスカー
デルヘッジ4匹

放出した魚

ポルトデモスタライロン
すごく好きな魚でしたが、大きすぎました・・・。

グレートナイルパーチ
これまた、好きな魚でしたが、今後のことを考えると180クラスの水槽が用意できないと厳しそうなので、放出しました。

キクラテメンシス
大きく育ちましたが、残念ながら放出しました。

カラプロ
綺麗な魚でしたが、・・・

第一段階として、ここまで放出。

アジアアロワナ
ケルベリ
レオパードオスカー
ダトニオプラスワン1匹
デルヘッジ4匹

最終的には、上になりそうです。

アジアアロワナに絞るなら、オスカー1匹2匹いればエサ食いアップでいけそうです。
パロットはどうも、好きではないので、オスカーが良いですね。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

濾過復活

2011/06/19

パチパチ_06
濾過層のヘドロを除き、ブロアでたっぷりと濾過層にエアを開始。

ぱきぱきに濾過が効き始めました。

phも6.2に復活。

さて、今後のことを考えますか。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
濾過層_06
白濁phの下がりかたが急激するぎるので、原因を調査。

上部濾過層をチェック・・・

茶色いヘドロが満載。

上部濾過層のドレンを開いて、排水し、濾材を飼育水で綺麗にしました。

これで、数時間後に綺麗になれば、良いのですが・・・

やはり、飼育魚が多すぎるのが一番の原因だと分かっていますので、水槽のサイズアップ&濾過のパワーアップを急ぐか、減らすしかなさそうです。

今後、ますます忙しくなり、水換えの頻度も思ったように行かなくなるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせた、無理の無い飼育方法を模索していこうと思います。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
narabe_0215
最近、出張や仕事が忙しく頻繁に水換えができません。

水換え直後はPh6.6

2日後にはph4.6

phだけ見るならば、サンゴを入れれば良いのですが、根本的な解決にはなりません。

これは、水槽のサイズアップと濾過の強化、オーバーフロー化が必要ですね。

しかし・・・

すぐには、無理・・・

やはり、放出を考えなければなりませんね。

ううう・・・


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
beniup
白水槽で飼育していた頃の写真。1年前ぐらいでしょうか


arokao_0521

底面、とバックスクリーンを黒に変えて2ヶ月ほど経った頃の写真。

まあ、写真を撮った差が1年ほどあるので、体色が濃くなったのは成魚になってきたからとも言えますが、やはり黒い水槽で飼育したほうが、金が一気に濃くなりましたね。

これは、すぐに効果がでてきます。

環境に体色を合わせて、自然の中で生き残っていくには、周りと溶け込む必要があるからなんでしょうかね~



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
daikon
・・・

ダイコン・・・足





・・・

・・・


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
mahato_0301

紅尾金龍の5列目が、少し光ってきました。

まあ、そんなに上がりは期待していないんですが、ちょろちょろと光ってくると、うれしいものですw

そう思うと、全然上がってきていない過背金を小さい頃から育てて、上がってくる喜びを想像してしまいます。

きっとすごく楽しいでしょうね~

6列目まできて、繋がったらすごく楽しいでしょうね~イイナ~イイナ~w

理想としては、水槽を3本置いて、紅尾、過背、紅龍をそれぞれ飼育してみたいですね。

まあ、無理ですがw

あくまで夢です。


さあ、明日もがんばるぞ~w


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
zentai_0521
破滅型大混泳水槽を維持していくのは大変なことです。

もちろん、最後まで面倒を見ることが前提で飼育しています。
でも、できないときは放出します。

今回はタイトルにも書いたように、仮にこのままの状態を維持できなくなったときを想定してネガティブに考えて見ましたwww

まあ、ほしくてほしくて買った魚ばかりですので難しいですが・・・

★絶対残す魚

1位 紅尾金龍
これは、もう不動でしょう。もう、大好きすぎて盲目になりそうです。w

2位
キクラ ケルベリィ
もう、煮干のような幼魚から育て上げ、なかなか大きくなりませんが大事にしています

3位
ドラードカラシン
鮭に似ていて熱帯魚ぽくないですが、フォルム、顔つきなど気に入っております

4位
ポルトデモスタライロン
とにかく戦艦のような巨大さと、エサを丸呑みにするダイナミックさが好きです。

5位
ダトニオプラスワン
500円玉ぐらいで、しかも特価で680円でしたが、りっぱになってきました。燃費がすこぶる悪く、成長が遅いですが、好きな魚です。

番外
レオパードオスカー
こどもたちが大好きすぎて、放出は考えられません


さて、問題の放出する魚にも触れておきましょう。

可能性がありそうな

1位
キクラ テメンシス
キクラ軍団の長だが、アイスポットを厳選していくと漏れる

2位
ダトニオプラスワン
残す魚にも入っていますが、3匹いるうちいつも真っ黒な個体は放出する可能性大です。

むうう。

水槽さえ大きくできれば、放出しなくてもすむので、まずはその問題からですね。

うちの玄関の間口が65cmしかないので・・・

選択肢が少ないですが・・・

悩みはつきませんね・・・

・・・

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
dorado_0521
ドラードカラシン33cm

大きくなりました。エサに関しては、なんでもよく食べてくれます。
よく、気性面で荒いと言われる種ですが、混泳なれ?している個体であれば、問題なく飼育できそうです。
ある程度の大きさのワイルドものは、相手を殺してしまう気性の荒さがでそうなタイプですね。

うちでは、まだ16cmぐらいのときは攻撃の的にされ、随分怪我もしました。
写真では分かりにくいのですが、エラのすぐ後ろの模様が乱れているのがお分かりになりますでしょうか?
その部分は、グレートナイルパーチに突付かれて、血がにじむほどの怪我をした場所です。

ドラードは怪我をしてしまうと、銀と黒のドッド柄が再生するときに乱れます。
これは、ほぼ確実に乱れがでますので、よく分かります。

軽い怪我なら乱れる程度ですが、深い傷だと皮膚が突っ張るような見た目になります。
いわゆるケロイドのような見た目になりますので、大きな怪我には注意です。

さて、このドラードカラシンですが、アジアアロワナで言うところの、5列目が金発色になってきました。
ちょっと例えが分かりにくいかもしれませんw

センターラインから、少し上のラインが、光っているのがお分かりになるでしょうか?
水槽飼育では、金発色にならない、ワイルドじゃないとならない?などなど、ドラードの発色については、いろいろな諸説があります。

成魚サイズにならないと、体色のウンヌンはわかりません。
これは、紅龍や、過背にもいえることですが、幼魚とはまったく体色違うタイプの魚だと成魚になってみないとわからないですよね。

まあ、幼魚のときにその片鱗がでて判断する場合もありますが、ドラードはどうなんでしょう?

どうなるか?楽しみながら飼育できる、おもしろい魚です。
今後もレポートしていきたいと思います。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ポルト_0530
ポルトデモスタライロン47cm

バリバリエサを食べるので、2cmほど育ちました。

ビックカーニバルを鯉のように浮上してきてガバガバ飲み込んでいきます。

そのビックカーニバルを横取りしようとドラードが横切るので、いつかポルトに噛まれるんじゃないかと不安。
1発噛まれただけで、瀕死級の攻撃力があります。

襲ったりはしませんが、不意の事故で噛んでしまう可能性は充分考えられます。




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
zari_06
ザリガニ軍団300匹

水を頻繁に換えて、死んだザリガニをどんどん、除いていかないと水質悪化でどんどん死にますw

数匹の死亡なら、水槽にドボンすれば、あっという間に食べてくれますが、今回は300匹仕入れたので結構まとまって死んでいきます。

食べきれないほどのときは、ジッパーにどんどん入れて冷凍してしまいます。
すぐに冷凍してしまえば、解凍しても食べてくれます。

1日の食べる量(およそ)

アロワナ 3~5匹

グレートナイルパーチ 10匹以上

ドラード 3匹程度だが、頭を残す・・・

オスカー 2~5匹程度

各アイスポット 1~5匹

ポルトデモスタライロン たくさん食べたいようだが、他の魚に取られて3匹程度しか食べれない

ダトニオプラスワン 2匹程度

1日30匹以上 消費・・・

グレートナイルが食いすぎ・・・

ドラード、グレートナイルが目に見えて大きくなる。

ドジョウとザリの効果は大きいが、財布が大ダメージ・・・

毎日の晩酌の数が減った。休肝日ということにしているが、酒の分、ザリガニになった・・・

酒を我慢して、ザリガニを買ったwww

明日は、がまんできないので、安い焼酎を1升買ってくる。




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村



funtori
フィシュレットにフンや残ったエサが溜まり、有機物から異臭いわゆるドブの臭いにうんざりしている方も多いと思います。

オスカー繁殖日記のルブロさんが、画期的な技を紹介してくれたので、試してみました。

http://rubro727.blog136.fc2.com/

ザリガニが残飯&フンを処理してくれ、半永久稼動させるというコスモクリーナー作戦です。

さてさて、うちでは2~3日で満タンになりますから、処理が追いつくかどうかwww

それとエンジンのザリが過労死しないことを祈りますw


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
zari_06
ザリガニ軍団300匹

リアクアのお兄さんに電話して、入荷したとのこと

じゃ、今からいく。

ものすごい大量に入荷してたwww

とりあえず、ザリ300匹とドジョウ30匹購入。

天然もののザリと、日本産のドジョウの最強コンビで、しばらく栄養満点の食事をしていただきますw

ドジョウは、カルシウム、ビタミン、コンドロイチンが豊富で、非常に良いエサです。

血液もサラサラになる?!w


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
マハト_0530
少し暗い照明で写真を撮ってみました。

アジアアロワナは、照明によっていろいろな顔を見せてくれます。

スマトラゴールデンは過背のように全部が金ぴかにはなりませんが、金と黒の調和が気に入っています。

まだまだ、アジアアロワナの入り口を覗いたにすぎませんが、アジアアロワナは最高ですね。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。