上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fukuro
 ためにしにビキールビキールに冷凍ピンクマウスを与えてみると、一回で5匹をペロリと食べました。ついでにデルヘッジも食べました。1匹あたりの単価が50円ほどなので、たまにしかあげられませんね。

 全体食なので、栄養もカルシウムも満点の冷凍エサです。爆食してくれると、ついつい沢山食べさせたい欲求に駆られます。まあ、冷凍庫の奥のほうに隠しておかないと見つかったら大変なことになりますから、注意が必要です。www
nezumi


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
misiro mi
 最近「ミシロ」の増体用を使用して、「アルビノレッドフィンバルブ」を育成してます。全部で12匹。すべて10cm弱の大きさで購入。

 しかし、まったく大きさが変わらない個体と、群れの中でもひときわ大きい個体がでてきました。(写真は後日アップ予定)

 自然界では、こうした群れの中の力の強いものがリーダーになっていくんだなという法則を見せ付けられました。家では他にも、ダトニオプラスワンでもこのような状況になっています。大きくなるには、そもそもの個体の素質がなければ、その種の中での大きい個体を手に入れることはできません。金額的に一度にまとめて買えて、その群れごと飼育できる環境なら、その中から選出して残していくことで、大きくなる個体を手に入れることができると思います。

 私、個人的な意見としては、体色、発色も重要ですが、一番のポイントは、その種での最大サイズに一番の魅力を感じています。平均サイズをとにかく上回ってほしいと思っています。

 エンドリケリーなどは、まさに大きくなる素質に大きく左右されヤキモキさせられる種類だと思います。たくさんの先人方が、大きくするための試行錯誤を実験されており、ある程度はその方法が確立されているわけですが、最後の最後には、素質という壁があるわけです。ポリプテルスの下顎系は、特に「大きさ至上主義」の感が強いと思います。50cmのエンドリと70cmのエンドリでは神の開きがあるといっても過言ではないでしょう。

 どの種類でも幼魚の中から、大きくなる素質を見抜くことは困難です。ダトニオプラスワンも幼魚は800円くらいでも買えますが、サイズが上がると、値段もハネ上がります。大きくなる素質を持った子を見抜くには、多数購入して選別していくしかないのですが、エサの燃費と養育費を考えると、多少高くても素質のあるすでに大きい子を買ったほうが、安い場合もありますよねw

 初めから大きいワイルド物のプレコやポリプなどはショップで買うと高いと思われがちですが、水槽内での成長の限界や、大きくする為の活餌代、健康状態も考慮に入れて考えたほうが賢明です。1年で数センチしか大きくならないプレコも多いですよねw

 どうにもならない、大きくなる素質のお話でした。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

 



 
misiro
 最近、ミシロのエサネタばかり続いておりますが、うちの「オレンジフィンカイザー」「プラチナロイヤルプレコ」「スカーレットトリム」「レオパード」「レモンフィン」「セルフィン」などのプレコも食べるようになりました。おかげで、これをバラバラ入れるだけで、90cm水槽のすべての魚にエサをやったことになり、便利。

 いままでは、プレコ用のタブレットとキャットを上げていましたが、これに切り替えてみます。プレコにも効果があるかどうか分かりませんが、栄養面では問題ないはず。

しばらくは「ミシロ」で押していきますw

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
misiro
 最近、お気に入りのミシロの彩シリーズえさ。オスカーにも与えています。おっぱいフンタンと呼ばれる極上のらんちゅう育成にも使われていることで、一躍有名になったエサです。金魚やらんちゅうに高い効果があるのならば、当然、熱帯魚にも高い効果が期待できるはずです。

魚コラーゲン・植物ミネラル入りサイズSS.S 沈下性・浮上性有り金魚・らんちゅう色揚用 200g(新発売)820円金魚・らんちゅう色揚用 500g(新発売)1,700円金魚・らんちゅう色揚用 1kg(新発売)2,580円最高級スピュリルナ・オキアミ消化吸収に優れた新鮮小麦胚芽を使用、キチンキトサン、魚コラーゲン、植物ミネラル、海藻粉末、カテキン、生菌剤などをバランス良く配合、免疫力、飼料効率向上、肝機能強化、白地を汚さず、照り、艶の有る明るくきれいな色に揚がります。18度以上でご使用下さい。

↑説明

 オスカーには浮上のエサを食べさせてます。らんちゅうや、金魚用の色揚げエサはオスカーにもバッチリ効き目があります。特に赤系のブリードオスカーには効果アリ。食いも良く、水もあまり汚れません。

 ミシロさんは、島根県の会社です。飼料(金魚・錦鯉・淡水、海水魚・鶏・牛・豚)肥料(化学肥料・有機質肥料)が専門。初めは、見たことの無いエサがあるなあと思っていたら、結構、使って良かったとの噂を聞き、ワタクシも使ってみました。

misiro mi
↑こちら、育成用

■今のところの雑感

エサ食いも、まずまず良い。

値段もお手ごろ

レッドフィンバルブの育成に使用してみて、食いと成長ともに良好
※育成用を使用

オスカーの発色が良くなった。
※色揚用を使用

水の汚れが少ない


 今のところ、オスカー、レッドフィンバルブ、オレンジフィンカイザー、セルフィンプレコ、コリドラス、どじょう、プラチナロイヤルが、このえさを食べ始めています。

 アロワナも食べるようになれば、効き目がありそうですが、完全無視www

 使用1ヶ月の効果をオスカーでお伝えできればと思っています。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
aro45cm
 スマトラゴールデン45cm

 うーむ、伸びてませんね><。拒食から、立ち直ったものの前のようにガッツリ食べなくなりました。水槽が大きくなったときに改善してくれるのを期待してます。

尾びれ拡大
↑体長は伸びないものの、発色自体は良くなってきました。

尾びれ全部
↑上がり方が遅いので、5列目まで上がらなさそうです。

むしろ、そのほうが良いんですよねw。4列で止まって、金発色が良くなってくれたほうが好みです。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
biki-kao1
ビキール・ビキール42cm

 緑のストライプ柄が良くでています。良く見るとカワイイ顔していますね。性格は顔に似合わず、以外と凶暴ですがw

 近寄ってくる、プレコやデルヘッジを威嚇のためか?噛み付きます。それほど頻繁にはやらないので、そのうち何とかなるでしょう~

biki-kao2
↑ポリプ特有のマヌケ顔

bikizentai

とにかく早く50cmオーバーになってほしいですな~


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
シポラ
 オーバーフロー水槽用に、濾材を増やさないといけないので、シポラックスを試しに2Lだけ買ってみました。これでそろえるのは無理な値段でしたw。1L1980円なので4000円ほど・・・高

 中を開けてみると、濾材があらかじめネットに入っていて、そのまま使えて便利。それに、液状のバクテリアが付いているので、立ち上げにも便利で流石といった所。

 他の濾材と比べて、重さが格段に軽い。これでほんとにテニスコート1面分の濾過能力があるなら神濾材www
とにかく60cm水槽にセットしてバクテリア増やしつつ様子を見てみることにしました。

 濾材とバクテリアの話は、尽きることの無い話題ですよね。どれが本当に良いのか正直わかりませんし、とくにシポラックス信者ではないので、まあどこでもあまり変わらないのでは?と個人的には思っていますが、安心感というか、普通に箱を開けて、中身を見て、触れてみて、持ち上げてみて、直感でこれは、良いものだ!感じました。・・・信者になりかけてるかもwww

 箱の説明からして、シポ1L=水200Lらしいので、120cmの水槽であれば、2箱~3箱分あれば濾過してしまう?はず。すごいぞ、シポw

 最終的には、濾材量、バクテリア、水量、エアレーションのバランスだと分かっているのですが、いろいろと調べるのも、この趣味の楽しさの1つですよね。

 

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
三代
 90cmで育成中の「アルビノレッドフィンバルブ」12匹には、2種類のエサを上げています。1つはおなじみのキョーリン「キャット」。臭いが強く、食いも良いです。栄養も満点。そしてもうひとつが、金魚のエサで最近話題のミシロのエサ。

 
ミシロ彩金魚 増体用 粗蛋白-51%以上・粗脂肪ー8%以上

 健康な魚を作るために必要なビタミン、ミネラルを大幅に強化。また連続投与可能で免疫賦活作用が期待できる植物性天然エキス、抗酸化作用や肝機能に良いといわれるウコン粉末、天然カロチノイドをバランス良く配合。綺麗で健康な魚を作るために天然アスタキサンチン(オキア等甲殻類+天然アスタキサンチン)のみを豊富に使用。粘液代謝を維持する天然ミネラル剤、キチンを配合、金魚の鮮やかな色合いと照り、艶、ヌメリを高める効果が期待できます。オキアミ等甲殻類ミール、ガーリック粉末、イカミール等を配合食い込みアップ更にカロリーアップを実現、今までにない成長と飼料効率upが期待出来ます。

↑が説明ww

キャットに比べても、粗蛋白・粗脂肪ともにミシロのほうが上。

食いに関しては、キャットに軍配が上がるか?

しかしながら、粘液代謝を上げ、体色にも効果がある栄養が満天のミシロに期待してます。


 バルブ系は、悪食なので何でも良く食べてくれるし、12匹もいるとものすごい勢いで食べるので、えさやりが非常に楽しいw。

現在、サイズ8~12cmほどなので、早く20cm台になって合流してほしいですな~



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村


 現在42cmのビキール・ビキールを早く50cm台にするために、リ・アアクアのお兄さんのところにいって「ドジョウ」を500g購入。とにかく、ドジョウは栄養満点で、★になりにくく長期的にストックできるので大量に買いました。ほぼ半分の230gぐらいを水槽にドボン。

 ダトニオや、アイスポもバカバカ食べます。オスカーはモリモリ食らいつくんですが、口を空けたとたん、前に食べたドジョウが飛び出してきますw。

 ドジョウと冷凍エビ、ジャイアントミルワームで大きくする予定です。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
biki42
 ビキール・ビキール42cmを購入しました。去年あたりから、値段が格段に安くなり幻といわれていたチャド産も大量に入荷してしました。いつかは、ポリプ最大種を飼育してみたいと思っていましたがキッカケの無いまま時が過ぎ、今回、「リ・アクア」さんで、売っていて顔を見たときに気に入ったので飼育することにしました。

 bikiki

↑鼻管も綺麗。顔が平たく、緑のラインが良い

bikikao

↑太さ的には、まだまだです。

bikisyou

↑水槽にドボンして、すぐにドジョウに食らいついていました。

 まだまだ、42cmなので小さいですね。50cmを超えて太く長くなってこないと本来の魅力にはほど遠いと個人的には思います。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
 おはようございます。今日から夏休みになりました。さあ、ショップ巡り開始です。特に決めていないのですが、気に入った魚がいたら仕入れてきます。

 バルブ系を探そうかなあ~


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
 子供の頃から水辺の生物が大好きで、ミズカマキリ、ゲンゴロウ、タガメ、タイコウチ、ミドリガメ、ゼニガメ、カエルなどを飼育していました。ミズカマキリやゲンゴロウのえさを取りに、おたまじゃくしが大量に取れる敷地のフェンスを無断で乗り越え採取したり、タイコウチの繁殖に感動したり、ザリガニVS金魚を戦わせて見たり、子供頃はムチャクチャでしたw
 
 大人になって、しばらくはアクアから離れていましたが、子供たちがザリガニを捕まえてきたり、川で雑魚を捕獲してるうちに、アクア熱が再発して現在に至ります。

 60cmのニッソーのセットを購入して、まず嵌ったのがプレコ!とにかく、はまりました。プラチナロイヤルも10匹以上飼育、ドラゴンハイフィントリム、ゴールドエッジドラゴン、ウルトラスカーレットなどを飼育。

 その後、90cmのセットを買い、ネオンテトラ、カージナルテトラなどの小型カラシンの群泳のすばらしさに目覚め、水草に嵌るも、うまくいかず挫折。

 その後、オスカー、ピラニアナッテリーなどの肉食魚に嵌り、徐々に大型化に傾倒していきます。アジアアロワナ、過背金龍をショップで見るようになってから、いつかは飼育してみたいと思っていました。その思いが、限界点に達し、120×450×600の水槽を購入。スマトラゴールデン導入に向け、ものすごいエネルギーで突き進んでいきます。

 ぶっちゃけ申し上げると、1ヶ月のお小遣いが、2万です。月に4回飲みいくと消えますw。最近、厳しいので2万55千円にしてもらいました。タバコもやめましたw。1ヶ月の小遣い2万に対して、紅尾金龍が38000円でした。単純計算で2ヶ月分ですよね。積み立てしないと買えません。でも、どうしても買いたかったんですよね~。そして、飼育してみて実感しました。

 アジアアロワナが最高www。

 まあ、あくまで主観です。そうなると、すべてがアジアアロワナ飼育中心に回っていきます。会社でも、ああしようこうしようと、考えてしまいますし、拒食になれば、その間、ものすごいブルーになります><。それだけ、のめりこめる魚だと思います。

 最近では、いろいろ勉強しているので、このクラスなら15万は安いなあ、20万かあ、これ買いだな!とか思いますが、年収から算出すると、ワタクシでは破綻してますwww。

 普通の考えからしたら、1匹5000円でも充分高すぎる魚でしょう。数万の魚を買うこと自体、一線を越えていると思います。そして、そこを超えても上をみるとトンでもない額の魚が待っていますw

 水槽も普通の家庭でしたら90cmでもでかいなああ!!ちょっとスゴイよねって言われるレベルです。いまでは、単なる育成用水槽にでもするかのレベルになっている自分が怖いですねwww。 

 普通の賃貸家サラリーマンの限界としては、1800×900×600が天井ではないでしょうか?かなりの魚基地外レベルです。w奥行きが600の場合は、まあマニアレベル。奥行き700~1200とる時点で、一線越えてます。奥行き=魚の全長を意識しているハズですから、メーター近い魚を描いているはずです。水量も1t超えてきますから、もう普通じゃないのは、自覚しているかと思いますw。

 今回、水槽大型化にあたって、1500×750×600オーバーフロー、この辺が限界なのかなと思っています。もちろん宝くじでも当たれば、やりたい放題しますが、ひとつの着地点として、考えています。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

 
 1500×750×600のオーバーフロー水槽に向けて、いろいろと妄想する日々。オーバーフローだから濾材たっぷり入るし、これで魚も増やせるなあ・・・。


水景1(現状移行型)

 今いる飼育魚はそのまま移行。育成中のアルビノレッドフィンバルブ6匹が合流。スマトラゴールデン、ケルベリ、ダトニオ3匹、オスカー、ドラードカラシン、デルヘッジ4匹。
 ・・・もういっぱいかも。

水景2(オスカー、デルヘッジを90cmに移動。そして・・・

 底物に淡水エイ2匹を追加。

水景3(まあ、妄想に止めて・・・

 スマトラゴールデン3~4匹追加。アロワナの混泳。


この妄想期間が、アクアライフの真髄?



達成すると新たな妄想が発生するのもアクアライフの真髄か、はたまた人間の欲深さか・・・




↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村 
1800×900×600
1800×750×600
1500×900×600
1500×750×600

 上記ぐらいの水槽を中古から新品まで、幅広く情報を集めて探していました。
いつもお邪魔している、リ・アクアのお兄さんにも相談にいったところ中古で1500×750のオーバーフローが入るとのこと。実物を見て、お願いしてきました。

 オーバーフロー水槽は、初めてなのでいろいろと相談させていただきました。まだ、導入するには時間がかかると思いますが楽しみです。

 いままでは、上部と外部の併用でした。オーバーフロー水槽により、濾材量が大幅に増え、水量も増えるので安定した飼育ができそうです。なおかつ、奥行きが750あれば、アジアアロワナを飼育するにあたっては、まずまずの良いサイズではないでしょうか。

 今後のアクアライフが、楽しみになってきました。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

 

 
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。