上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンギ3
 先日のエンドリケリーといっしょに実は、「コンギクス」も導入しました。これもビビッときたポリプでした。(ビビッと多すぎ・・・)これも44cmぐらいでしょうか。こちらも引き取り魚なんですが、エンドリと同じ方が所有されていたとのこと。こちらもカンピンで非常に大事に育てられてきたことが分かる子です。

コンギ2
↑ご覧の通り、「たのしいアクアリウム」のダックスさんに触発されて、ガーネットサンドを撤去w
(http://ameblo.jp/dax-aquarium/ ←スタイルの良いアロワナとアンソルギーを飼育されております。)
導入したばかり&底面クリアーの為、色がスットンでいますが、薄っすらとバンドが確認できます。

コンギ1
↑良いクチビルw

 以前、コンギクスも謎の原因で落として以来、もう飼う機会が無いだろうなぁと思っていましたが、とてもシビレタ個体に出会ってしまったので、もう特急電車になってしまいました・・・

ビキール1
↑ビキールビキール

エンドリ1
↑エンドリケリー

 90cm水槽にデルヘッジを移し、エンドリ、コンギクス、ビキールの3匹をメイン水槽で飼育することにしました。ビキールの噛み癖が酷かったのですが、エンドリとコンギが入ったら止まりました。この3匹をとにかく、太く長くすることに執念を燃やしたいと思います。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

 
エンドリ1
 数年前に、エンドリケリーを落として以来の導入です。もうエンドリを飼う事も無いだろうなぁと思っていましたが、久々にビリビリと電撃が走ってしまいました。極稀にショップ巡りをしていると起こる現象で、こうなるともう止まりませんw。

 現実問題として、メイン水槽は許容オーバーしていますので、90cm水槽をリニューアルして、ダトニオプラスワン2匹とレッドフィンバルブ全部、プレコ類全部を移して空きを確保しました。

エンドリ2
↑43cmぐらいでしょうか。まずまず太い体です。

エンドリ4
↑証明書が付いておりました。
「ポーリーマテリアル」の「水福龍」という販売名らしいです。
ナイジェリア×ナイジェリアのF1個体とのこと。

エンドリ5
↑腹ゴマ

エンドリ3
↑顔

 今まで、ビリビリきた個体は、「レオパードオスカー」「ゴールドエッジドラゴンハイフィンレオパードトリム」「紅尾金龍」「ポルカSP」「ドラード」こんかいの「エンドリケリー」。いつものように「リアクア」さんで購入しました。前の飼い主さんが、大切に飼育されていたことが分かる生体ですね。飼いきれなくなったら、最高の状態で引き取りに出すのも大切なことだと思います。導入>放出>導入>放出を繰り返しているワタクシは、偉そうなことはいえませんが、放出するときもベストのコンデションを心がけています。そうすれば、ショップでも見栄えよく見えますし、次の飼い主さんにも大事に育てていただけるという信念があるからです。

 話がそれましたが、久々にアクア熱が上がった生体に出会うことができました。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
レオパード1019
 我が家の番長こと、レオパードオスカーの「まーちゃん」。なぜ、マーちゃんなのかは、分かりませんが、子供たちに大人気。今いる種類の中でも最安値で購入。

期待のオスカー
↑こんなに小さくて500円ぐらいで購入。懐かしい~

 いまや、分厚く綺麗に育ってくれました。タイガーオスカーとして売られていましたが、↑の写真のように普通のタイガーオスカーの個体じゃないのが分かるとおもいます。すぐさま、これこれをくださいとお願いしました。

 シクリッドなので、ある程度の気の強さはありますが、飼いやすい子です。ドラード、オスカー、アイスポット、ダトニオで、毎日賑やかに?生活しています。完成された個体なので、このまま綺麗に長生きしてほしいですね。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロ全身2_1019
 ブラックアロワナを入れてから1ヶ月経ちました。入れた初日は、お互い警戒して泳いでいましたが、2~3日で、問題なく混泳できました。アジアアロワナと南米アロワナの混泳は比較的成功例が多いですよね。これが、アジア同士の混泳になると一気にハードルが上がります。アジア同士の混泳については、経験がないので他の方のブログを参考にしていただくとして、アジアアロワナとブラックアロワナの混泳について少し書いてみようと思います。

 家の場合、たくさんの飼育魚がいますので、ただ単にアジアアロワナ1匹とブラックアロワナ1匹の混泳ではありません。紅尾金龍を筆頭に、パンタナルドラード、レオパードオスカー、ダトニオプラスワン3匹、キクラケルベリー、ビキールビキール、エンドリケリー、淡水エイと猛者たちがひしめきあっている為、過密混泳になっています。

全体1019
↑こんな感じw

 うちの紅金さんは、小さい頃から無茶苦茶な混泳に慣らされいるせいか、非常に社交的です。新入りのチェックはしますが、向こうが大人しくしていれば、寛大です。ただ、少しでも反抗的な態度をとると怒りの噛み付きが炸裂します。この怒りの噛み付きは、非常に攻撃力が高いので、1発で致命傷になる可能性を秘めています。

 ブラックアロワナを入れた初日は、厳しいチェックが入りましたが、ブラックアロワナが大人しかった為に、すんなりと入居を赦されたようです。やはり、個体の性格が一番の決め手です。それと、ある程度の過密飼育なので、テリトリーを主張して抗争が起こることが少ないのも上手くいった要因に入ります。


○混泳がうまくいった要因
アジアアロワナの性格
ブラックアロワナの性格
ある程度、過密飼育
1週間ほど夜でも常時明るくしておいた(真っ暗にすると、ぶつかったときに抗争に発展する可能性がある。)

このまま上手くいくかどうかも、まだ分かりません。
パワーバランスが崩れると、バトルが始まるかもしれませんが、いまのところ安定していますね。
ブラックが人口エサをバリバリ食べるので、負けず嫌いの紅金さんも一生懸命食べています。
競争力を高め、エサ食いを上げる作戦は成功のようです。
このままのバランスで、競い合ってくれると給餌も楽しく、巨大化が狙えそうですw

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロ全身2_1019
いままで、照明になぜか「エキゾチックロゼ」を2本使っていました。それを、「パンタナルホワイト」2本に替えてミました。非常に、明るくなりチョット目が痛いですw

 紅尾金龍をいかに巨大かさせるかに焦点を絞ってますが、やはり体色も綺麗になってほしいと思うのは、親心というもの。背面が白いので、やはり濃い金色が好みのワタクシとしては、バックスクリーンを黒にする計画を進行中であります。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロ反り返り1019
 タイトルを改題することにしました。

紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)

 紅尾金龍をメインに、混泳の難しさ、混泳の楽しさ、成功と失敗をお伝えしてました。今回の改題の意図は、アジアアロワナの入門魚とされている「紅尾金龍」の良さをもっと発信していき、入門魚としてだけでなく、このアロワナを飼ってみたいと思ってもらえるように自分なりにがんばってみよう、それをモチベーションとしてブログを続けようと思ったためです。ブログ内容は、たいして変わらないと思いますが、よろしくお願いいたします。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロ全身2_1019
 未だに50cmを越えていかない紅尾金龍です。年内には5cmアップの53cmぐらいまでを目標にしたいですね。ワームの食いが相当落ちてきているので、本日は久々に高級食材のアフリカツメガエルを10匹ほど購入。水音を立てるように投入!ドバシャーン、バシャーンと喰らい付いてくれました。ついでに、タイガーショベルが大興奮でカエルを立て続けに喰らい付きます・・・。あっという間に、3匹を飲み込み腹がパンパン。しかも腹の中で、カエルが動きまくってます><、、、お前のえさじゃないんだけどwww。

 カエルは、食いのアクションが違いますね。高いので、たま~にしか買いませんがw

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
マハト1019
 うちのメイン魚「紅尾金龍」2歳を巨大化させるべく、計画を実行中。先月の9月に水槽も1200×600×600から、オーバーフロー1500×750×600にサイズアップ。この大きさであれば、紅尾金龍をより大きくできるサイズは備えていると思われる。そもそもが、大きくなるアジアアロワナなので、マックスサイズを狙ってみたい。

気泡とアロ1019

○大きく育てる為の作戦

水温を29C~30Cをキープし代謝を上げる
水かえ頻度を上げて、代謝をよくする
溶存酸素量を上げる
混泳によって競わせ、食を上げる
PSBなどの腸に効くバクテリアを使う。
栄養豊富なエサを食べさせる
エサのバリエーションを増やして、飽きさせない
水流をつけ、強制運動を毎日数時間させる

 年齢の割りに、少し小さい子なので大きさより、色がでそうなタイプですが、ワタクシの場合色もさることながら何よりデカイことはいいことだ主義なので、とにかくでかく育ってほしいと思っています。

年内に、55cmぐらいまで狙ってみたいと思います。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
全体2_1019

 90cm水槽より、アルビノレッドフィンバルブを12匹移動させました。残飯処理、食欲アップを担当する特殊部隊です。バルブたちに、カーニバルをあげると、紅尾金龍も興奮して一緒になって食べます。人口餌を争って食べる様子をみると作戦は成功した模様です。

 残飯処理班としても優秀です。紅尾金龍がカミカミ>ペッと吐き出して、白い粉が舞うジャイアントミルワームの脂も食べてくれます。淡水エイ用の冷凍エビの細かいゴミも食べてくれます。

 バルブ類は、なんでもよく食べるので、アロワナにも良い効果がありそうです。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロワナ完成
1500水槽の飼育魚の紹介です。

スマトラゴールデン47cm
看板魚の紅尾金龍さんです。睥睨するよな鋭い目つき、形のよいスタイル、サイズは小さめですが、アジアアロワナの魅力を教えてくれた1匹です。

エイ1005

淡水エイ ポルカSP20cm
期待の1匹。とにかく動き回り、エサを食べる様子を見ているだけで飽きない。まだまだ、大きくなるので模様がどうのように変化していくか楽しみ。

ケルベリ1005

キクラ ケルベリー27cm
5cmぐらいから育てたキクラ。綺麗に育ってくれました。アイスポットの魅力が詰まった1匹

オスカー1006

レオパードオスカー28cm
タイガーオスカーの幼魚の中に1匹だけ輝いてて見えた1匹を育て上げました。顎から体、ヒレにまでびっしりと赤が入り、体型も綺麗な楕円形。水槽内の調整役としてがんばってます。

ダト完成6

ダトニオプラスワン24cm
500円玉ぐらいから、育て上げた1匹。常に体色が変わらない黄色を保てる貴重なプラスワン。

デルヘッジ1006

デルヘッジ30cm
4匹いるデルヘッジ。ドリーKの証明書付きの個体もいます。

ビキビキ_1003

ビキールビキール38cm
あこがれのポリプがついに。ちょっと前まで、ほしくても手がでなかったポリプ。

ドラド0925

ドラードカラシン30cm
黄金の虎。太陽光がないと金発色が難しいとされている魚。凶暴な虎。

ブラックさん

ブラックアロワナ50cm
大きい割りに、大人しいアロワナ。体がしなやかで、南米アロワナの良さが分かる1匹。

タイガー_1003

タイガーショベル15cm
育成依頼を受けて、ホームステイ中のナマズ。冷凍カワエビを爆食。急成長中。


 熱帯魚を始めたばかりの頃、アジアアロワナ、淡水エイ、ビキールビキールは憧れの魚たちでした。トンでもないお金持ちしか買えないだろが!と思っていたら、飼育できるようになっていました。いつかは、ほしい、いつか飼育してみたい、そんな思いで、がんばってきました。ちょっと暴走気味になるので、反省しなければなりません。自分のフリーな時間とお小遣いのほとんどを費やす趣味ですが、今後も楽しんでいきたいと思います。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
アロワナ1005
↑最近のスマトラゴールデンです。バックスクリーンが無くなり、壁が白いので、明るい環境です。


sumatora_0724
↑1200水槽の頃のスマトラゴールデンです。底面+バックスクリーンが黒の環境です。

うわ、黒い環境のほうが、やはり金色が濃いですねw
環境に合わせて、体色が変わることが、よく分かりますね。
黒い環境のほうが、自分の好みの体色ですが、部屋全体が暗くなると家族クレームが、勃発。
・・・そのかわり、ダトニオたちは、明るい体色になりましたw

上 白環境
下 黒環境

みなさんは、どちらが好みでしょうか?


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

水槽の全景

2011/10/10

水槽1005
 やっと落ち着いた1500水槽の全景。アヌビアスバルテリーを沈めてみました。

zentai_0627
↑1200水槽

 こうして比べると、スマトラゴールデンの大きさがよく分かります。1200×600×600から1500×750×600なので、そんなに大きくなってないでしょ?と思われるかもしれませんが、写真で見るともの凄い大きくなってることが分かると思います。アロワナのターンが以前と比べるとまったく違います。

水槽201005
↑がら空きだと、錯覚すると魚が増えてしまいます><

気を引き締めて、増やさないように精進します。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
オスカー1006
 うちの番長こと、レオパードオスカーです。エラから顎にかけて、びっしりと赤い模様が入り、最近では口まで赤が乗ってきました。ドラード、アイスポット、ダトニオ、オスカーと気の強い奴らのまとめ役として、がんばってくれています。暴君のドラードがアイスポットを追い回す>オスカーが割り込む>争いが止まる、といった流れができています。

ドラド金0925
↑暴君ドラード 

ケルベリ全体1006
↑大人しいが、やられたらやりかえすぞ!スーパーサイヤ人。

ダト完成3
↑性格は大人しいが、目を狙った攻撃が恐ろしい狂気の虎

改めて、並べてみると・・・気の強いやつらばかりですね・・・

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
エーハイム1262
 前回の記事でも書きましたが、いくつかご質問を受けたので、改めて書きます。

■オーバーフロー1500×750×600
レイシーのRMD551を使っていましたが、「ブーンブーンブーン」という機械音、モーター音が気になり、家族からクレームが入りました。これは、モーターが古いとか、壊れているとかの問題ではなく、そもそもある程度の音がします。人によって音の感じ方が違いますので、一概には言えませんが、気になりだしたら、気が狂いそうになるほど人によっては、気になります。これは、自然の音ではなく、機械音ということに原因があります。音の質が作られた機械音ですから、この問題を解決するには、寝室や、居間から遠い場所に置く、めったに人が来ない場所に置く、専用の部屋に置く、撤去する、これぐらいしか解決策はありません。専用の飼育部屋があるならともかく、ないならば、音が静かなものに変えるしかありません。

 前置きが長くなりましたが、その問題を一発で解決するのが、水中ポンプです。濾過層に沈めるだけで解決します。また、縦型ポンプの音が気になるなら、水中ポンプに変えてしまえば、動作音の大部分をカットできます。画像では、エーハイムを使っていますが、ワタクシがエーハイム信者というわけではなく、たまたま良い中古品がエーハイムだっただけで、新品でなおかつコストパフォーマンスにすぐてれいるのは、カミハタのリオシリーズがオススメです。まあ、この辺は、お気に入りのメーカーを使って良いと思います。

 なんでいままで、ガマンしていたんだろう?と思うぐらい静かになりますので、オススメします。流水量や、ワット数、などは、各個人の状況によって変わりますので、いろいろと調べてからお買い求めください。



以下の文章は、誤りでした。コメント欄になぜ、間違いなのかということが、ルブロさんから寄せられていますので、参考にしてください。ここでは、あえて消したり、修正したりしません。同じ勘違いをしている方も多いと思いますので、コメント欄見てみてください。

※(パワーがあり、水をバンバンまわすが最良ではありません。濾材を通過する速度が速すぎると充分に濾過しませんので、ご注意ください。)



 
↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ケルベリマクロ
 アクアライズの忠さんに紹介されてから、ケルベリーを見に来てくれる方が格段に増えました。
 
 アイスポットは、非常に地域バリエーションが豊富でコレクション性が高いシクリッドです。性格はシクリッドらしく、攻撃的な面もありますが、あまり執拗な攻撃を加えるタイプではないと思います。

 まあ、個体差もあるので一概には言えませんが、サイズさえ合えば、とことん殺しあうまでやることは少ないと個人的には思います。オスカーに近いと思えば分かりやすいでしょうか?打たれ強くタフなところもオスカーと張ります。そのため、サイズが合えば、アロワナ、ダトニオ、オスカー、などの大型肉食魚と、まず問題なく混泳可能だと思います。

 さて、今回の写真はマクロモードで撮影してみました。常に泳ぎ回るので、マクロモード撮影するのがしんどいタイプの魚です。エラ周りの金発色を見てください。体全体より顔付近の発色が濃い金色をしています。

ケルベリ1006
↑まだまだ、大きくなると思います。胸鰭と顎下の赤がまだまだ、弱いですね。婚姻色が出ると、すばらしいようです。家では、まだ出たことはありません。


ケルベリ全体1006

 雄ならば成熟していく段階でコブが出てくるようです。ただ、コブは争いがないとなかなか立派なコブにはならないようですね。各ヒレにゴールデンスポットが入り、体には黒いラインが3本、不規則な黒点がが入ってくるのがケルベリーの特徴ですが、うちの個体はやはり、ゴールデンスポットが少なく、ケルベリーというよりは、ゴールデンタイプのキクラと呼んだほうが、近いような気がしてます。

 数日前から、冷凍川エビを爆食するようになりました。一気に大きくなるかもしれません。期待大です。


 ↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

タイガー_1002
 アクアライズさんのセールで激安だった「タイガーショベル」。冷凍カワエビが大好きで、腹がはちきれるんじゃないかと思うぐらい食べます。

タイガー_1003
↑無駄な突進が多いので、余りぶつけないように気をつけてほしいところ。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ビキビキ_1003
最近ビキールビキールの食欲がすごく、胴回りが充実してきました。家の水槽に来たばかりの頃は、食が細く人工餌を食べないので、苦労しました。

冷凍ピンクマウスを食べさせ、食いが上がったところで牛ハツにチェンジ。牛ハツの汁をキャットと組み合わせて、ビックキャットを食べるようになりました。今では、ビックキャット、牛ハツ、冷凍川エビ、ジャイアントミルワームなど、何でも食べるようになりました。

ビキ_1001


このビキールビキールは、非常に気が強く、デルヘッジが近づくと、噛みつきます。ポリプテルス同士は、重なりあったり、なぜか川の字に並んで争いがないイメージが強くありましたが、このビキールビキールは、そのような平和的ポリプではなく、近くにいるポリプに噛みつきます><。

このように、気が荒くて何でも食べる個体は、大きく育つような気がします。ポリプ界のジャイアンとして、太く長くなって貰う予定です。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
モヒカン
 先日、アクアライズ金魚Tシャツ仲間の忠さんが、ブログで紹介してくれたケルベリーです。この体色は、落ちついているときの色です。

キクラサイヤ3
↑少し興奮気味です。

 キクラは産地によって、体色の差が激しく違い、ケルベリーと呼ばれるタイプでは、ゴールデンスポットが蜜に入り、尾びれのアイスポットの金環の金が完全に繋がっていて、輪が見える個体が最上でしょうか。本当にスゴイ個体は昔のまっかちんさんの旧ホームページに載っていました。ブラジルの規制により現在は、ほとんど入荷がありません。

 アクアライズ大宮店にケルベリー入荷!!
http://rproco.blog3.fc2.com/ うおっ。さすが良い仕入れをしていますねw

モヒカン2


背ビレが黒々としていて、モヒカンのようです。

キクラサイヤ1


最近のケルベリ
↑5cmぐらいのときは、地味な子でしたw

ほんとに全身の金になるのかね???
普通のオセラリスだったら、泣ける><

 金色に変色していくサイズとしては、個体差があると思いますが、20cm以上から変化が現れてくると思います。まず、尾びれのアイスポット周りの黄色が、金色になってきます。スポットの一部が輝いてきます。
尾びれ、背ビレ、胸びれにもゴールデンスポットがでるタイプは、もっと早い段階(小さいサイズ)から散りばめた宝石のように光っています。ちなみに、うちのは残念ながらゴールデンスポットが少ない個体です。

 キクラはピーコックバスとも呼ばれ、アマゾンの釣りブログを見てまわれば、成魚の素晴らしい色合いや迫力を見ることができます。ぜひ、ネットサーフィンして見ることをおすすめします。



↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
RMD551
水槽大型化によって、ポンプをレイシーのRMD551にしたのですが、モーター音、振動音が五月蝿く、家族からクレームがでました><

 たしかに寝室にいても、モーター音が聞こえます・・・。振動音は、振動対策をもう少し施せば、20%カットぐらいまではいけると思いますが、モーター音は厳しい><。

 そもそも機械の動作音は気になりだすと、もうガマンできません。自然の音では無いのですから、ストレスは溜まる一方。いわゆるノイズといっしょですから、イライラしてくるはず。趣味であるからには、家族に余り迷惑をかけることはできません。夜も気になって眠れないようであるならば、一家の長としては、家族優先にするのは当然のこと・・・。レイシーの縦型ポンプのときもそうでしたが、どうも相性が悪いらしく、レイシーの動作音がどうもにも気になる。

 ・・・このオーバーフロー水槽をやめるなら、もう引退かな・・・。アクアライフを続けている方なら、何度か訪れるであろう苦悩。

 水漏れ、生体の★、トラブルなど、ストレス発散の趣味なのに、強烈なストレスを受け、もうやめたほうが良いのでは?と思う瞬間。これを乗り越えていくと、また満喫できる楽しいアクアライフが待っているのですが、試練のように乗り越えられるかどうか分からない問題が発生しまくるとさすがに、厳しいですよね。

 ちなみに、ワタクシが経験した、もうやめてやると思った瞬間ベスト3

1位 ジャイアントミルワーム大脱走
http://surutos.blog68.fc2.com/blog-entry-383.html
↑これは、ひどかった・・・。大人になって、半べそをかいたのは、これぐらい?

2位 エーハイム2260大噴火
http://surutos.blog68.fc2.com/blog-entry-521.html
↑こっこれも・・・惨かった・・・
床中が、水浸し・・・。もうすべての水槽を窓から投げ落としたいぐらい
確実に、髪の毛抜けた、数百単位で・・・

3位 こんかいの騒音事件
↑これは、自分だけではなく、家族全員の問題なので、正直きつい・・


そして、結末が



エーハイム1262


水中ポンプに変えましたwww

いままでが、工事現場か!!と思うほど、静か。

モーター音、振動音、ゼロwww

まあ、本来ならマグネットポンプのほうが良いはずですが、アホみたいに静か。


■スペック比較

○レイシーRMD551
個人的、動作音8
 
60L/min 5.6m 130w

○エーハイム1262
個人的、動作音1

56L/min 3.6m 80w

今回も、「リ・アクア」の店長に相談に乗っていただき、解決しました。ありがとう~。
http://re-aqua.net/

マグネットポンプ&縦型ポンプの動作音、振動音にお悩みなら、水中ポンプをオススメします。
機械音は、ガマンしてはいけませんし、ガマンするとストレスが溜まります。

水中ポンプの欠点としては、水温を上げてしまうことと、巨大濾過装用のポンプが少ないことでしょうか。

次なる課題は、落水音でしょうかねwww
これの策は、すでに打ってあるので、次回ご紹介します。


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
円盤0925
 ハイブリッド淡水エイに冷凍カワエビを与えてみました。ごらんのように、落ちてきた塊に覆いかぶさり、そのまま独り占めにして食べます。顔の形が変形してしまってますw

円盤2
↑とにかく大食漢で、独占禁止法に引っかかるぐらい貪欲です・・・
カワエビの塊が溶けてバラけるまえに覆いかぶさるので、満足するまで独占します。
ひとしきり、食べ終えても数時間後には、エサを探してひたすら砂をほじったり、壁のぼりをしています。

 たまに食い疲れてくると、砂に潜ってお昼寝。そして、もそもそ置きだして食事w見ていて飽きないですね~


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。