上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yorisou_1127
 引き取り魚で、貧弱、顎ずれ、鱗とびだったブラックアロワナ50cmがかなり太ってきました。導入当初は、前の飼育者の環境が余りよくなかったらしく、痩せていて、顎ずれを起こしていました。

ブラアロ全長
↑細くて、ガリガリ君

ブラアロ顔
↑顎ズレ

 ヒゲが1本切れていて、おそらく再生は無理でしょう。このブラックアロワナは、体長がアジアアロワナより大きく50cm以上あります。ガリガリに痩せている体から、たっぷりと太った体型になり顎ズレも治りました。

 今では、紅尾金龍とペアのように寄り添って元気いっぱいに泳いでいます。アジアアロワナも大好きですが、南米アロワナも大好きです。エサをあげるのが大好きなので、肥満気味になってしまいますが、ガリガリの体型よりたっぷりと肥えた体型のほうが魅力的です。

 アジアアロワナに比べると、シルバー&ブラックアロワナは安価ですが、充分に育て上げれば、どちらもすばらしい個体になると思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村


arowana_1128
 10月の第一週から集中的に冷凍ドジョウを与えてみました。とにかくすごい食べます。生きているドジョウより食べますね。栄養のバランスも良いし、カルシウムも多いので成長したと思います。ちょっと前の写真と見比べてみたいと思います。


気泡とアロ1019
↑9月のアロワナさん

futoru_1127
↑現在のアロワナさん
写真がだと分かりにくいですが、体高がかなりでましたというか太った?w
ブリブリしてます。体長も伸び始めました。一時期、伸び悩んでましたが、1ヶ月で1.5cmほど成長。迫力がでてきました。

 多少、太り気味なので調整しつつ大きくしていきます。エサのバリエーションとたまに食休み、水流の強制運動を取り入れていきます。

 アロワナが沢山食べてくれると、ストレス解消になりますね。逆に拒食だと、ストレス溜まりまくるので、今は幸せですね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
タイガーバルブ
 実は、半年前ほどからいる「タイガーバルブ」15cm。ぎりぎり混泳可能サイズで、掃除をがんばってもらってます。これが大きくなるには、相当な時間がかかると思われます。半年で1.5cm程度の成長。このタイガーバルブは、最大で1m~1.5mになる大型バルブです。タイからのものはワシントン条約で規制されていますので、カンボジア産のものが時たま出回る程度です。この成長速度の遅さを考えると、気が遠くなるほどの時間がかかる種だと思います。

 エサは、なんでもよく食べ、底を綺麗にしてくれます。20cmを超えてくれば、頑強な魚なので管理は楽そうです。暴君ドラードがたまに、ちょっかいを出してくるので、耐えられるタフなサイズに早くなってもらいたいですね~。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
ダトプラ11
 最近、冷凍ドジョウしかエサをあげていないので、ダトニオプラスワンもドジョウをもりもり食べています。いままでは、ビックキャット、ジャイアントミルワーム、冷凍エビがメインでしたが、冷凍ドジョウを食べるようになって太くなってきました。

ダトプラ10
↑このダトニオプラスワンは、体色の変化がなく、常時ホワイトイエローを保てるめずらしいダトニオプラスワンです。反対側のバンドはイマイチですが、常に綺麗なプラスワンは貴重ですよね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
エンドリ5

コンギクスより泳ぐエンドリケリーです。よく泳ぐせいか?冷凍ドジョウもドカンドカン食います。
冷凍ドジョウは全体食ですから、骨ごと食べることにより、カルシウムも豊富で栄養も満点です。ドジョウは、うなぎの9倍のカルシウムとカルシウムの吸収を手助けするビタミンDが豊富でローカロリーな食材なので肥満にならずに骨太に成長させるにはもってこいの餌だと思います。ワタクシ自身は、臭みが苦手で食べませんがw活ドジョウと冷凍ドジョウの食いの比較ですが、冷凍ドジョウのほうが量を食べるようです。単に、食べやすいだけかもしれませんが、活ドジョウより食べます。活ドジョウも、その動きから食をそそるらしく、喜んで食べますが、夢中になって追い回すうちに、壁などに激突して怪我をすることがあります。うちでも、紅尾金龍が追い回しているうちに壁に激突して、頭の皮がズル剥けになったことがありました。ともあれ、冷凍餌なので保存も楽で、栄養も満点、食いも良いとくれば、使わない手はないですよね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
ドラード_1031
 35cmほどになったパンタナルワイルド ドラードがかなり凶暴になってきました。猛スピードで、狙った獲物に噛み付いては離脱する高速ヒットアンドウェイを繰り返します><

 レオパードオスカー、ケルベリーがなんとか食い止めてくれていますが、タイガーバルブのヒレがかなりやられました。

 ドラードは、鱗が光る光物系の魚に対しては、かなり執拗に攻撃してきます。ドラード同士だと殺し合いになるかもしれませんね。うちでは、レッドフィンバルブがやられました。ブラックアロワナも鱗を飛ばされてます。底物には興味がなさそうですが、いろいろ調べてみると、ポリプ系も攻撃してくる超攻撃ドラードもいるらしいですね。

 アジアアロワナがやられない限りは、なんとか飼育していきたい魚です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
紅金_1101
 自家製の冷凍ドジョウにエサを切り替えました。生ドジョウも喜んで食べますが、冷凍ドジョウはの食いはそれをはるかに超えます。食べやすいと言うこともありますが、冷凍にすることによって味、臭いが強くなるんでしょうか?ドジョウは栄養面では、とくに優れていますので、長さ太さ両方狙う巨大化計画のエサとしては欠かせないものです。これに、ザリガニ、ジャイアントミルワームで回していきます。

 自家製冷凍ドジョウの作り方を簡単に説明します。魚屋さんにいき、生きドジョウを買います。

魚帝「すいません~、ドジョウください~」

魚屋さん「はいよ~、何グラムですか~、100g300円ですが」

魚帝「箱ごとください~」

魚屋さん「???」

魚帝「箱ごとください~」

魚屋さん「????」

魚屋さん「3キロぐらいになりますが???」

魚帝「箱ごとください~」

魚屋さん「あ、あッあいよ~、ドジョウは精が付くからね、ハハハ元気でるよハハハ今日はもうギンギンだね~」

↑あくまで、イメージですwww

買って来たドジョウをバケツに分けて、塩をドバドバ入れます。

ドジョウが狂ったように、暴れだします。

中には、即死して浮かんでくるものもいますが、かまわず手でかき混ぜていきます。

高濃度の塩に10分ほど漬け込み、今度は水道水で塩を抜いていきます。

ドジョウのヌメリを取るようにしながら、水道水で洗います。

高濃度塩浴とカルキで、殺菌することが目的です。

この段階でも結構、ドジョウは生きています。

これを小さめのジップロック(チャック付きの袋)に小分けにして、凍ったときに割りやすいように、平らにしていきます。

ドジョウは、まだ生きていますが、そのまま冷凍庫に入れて凍らせます。

できた冷凍ドジョウを投下すると、アジアアロワナ、エンドリケリー、コンギクス、ドラード、オスカー、淡水エイ、ブラックアロワナ、タイガーショベル、ダトニオが一斉に襲い掛かります。うちでは、遅れるとエサにありつけないことを知っているかのように、群がりますw

なぜか、アイスポッドのケルベリーだけが食べてくれないので、ワームを投下。

でかいが一番で、いってみます。

※冷凍ドジョウについては、あくまで個人的製法、使用法なので、お試しのさいは自己責任でお願いします。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

紅金_1031
↑紅尾金龍
最近、ドジョウ&ザリガニ&冷凍エビを爆食で、お肌のつやも急上昇

コンギ_1101
↑コンギクス
マヌケ顔ながら、愛嬌一番のクチビル魚。生まれながらの顔芸は、天下一品。

エンドリ3
↑エンドリケリー、コンギとのお笑いコンビを結成。どちらかというとツッコミ担当

ケルベリ1019
↑ケルベリー、若いが、すでに十八金のネックレスをしてしまうようなセンスの持ち主。

ビキール1
↑ビキール、ポリプ系のボス。噛み癖が酷く、狂犬と呼ばれる暴れ者。

タイガー_1003
↑タイガーショベル、ホームステイ中のガイジンさん。和食が大好き。5杯は飯をくう。


ラピュタ
↑ポルカSP 宇宙より飛来し、ルルイエに眠りし神。別名クトゥルフ。底なしの貪欲。

オスカー1006
↑レオパードオスカー、赤い彗星。エースパイロットだが、調整役もこなす万能型。

虎柄
↑ダトニオプラスワン、虎柄のおっさん。タイガースファンでは、ないらしい。

ブラアロ_0921
↑ブラックアロワナ、南米からやってきた刺客、四角、資格、死角、■

タイガーバルブ
↑タイガーバルブ、結構前からいるが、新魚紹介されなかった不遇の戦士。食べかすの処理はピカイチ。

なんか、いっぱいいますね・・・><


↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
紅金1102
 最近、ジャイアントミルワームに飽きてきたのか、2匹ぐらい食べると吐き出します。食べもしないのに、噛んでペッと吐き出すので、水が汚れます><。吐き出したワームは、淡水エイが食べてしまうので、良いのでが、エサのローテーションを変えないといけません。

 そこで、「リ・アクア」さんにGOGOして、ドジョウを大量に仕入れてきました。500gのドジョウを仕入れて、半分は塩で洗って、冷凍保存するつもりでしたが2日で・・・完食・・・
紅尾金龍も目の色を変えて追いかけまわし、ガバガバと食べていきます。オスカー、ケルベリー、淡水エイ、ポリプたちも、入れるだけ食べてしまう水槽全体が爆食モードに突入。急遽、またお店に行って500g追加してきました。様子をみつつ、食欲の秋に一気にサイズアップしてくれると良いですね。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ポルカ_1101
 淡水エイ ポルカSPが急成長中です。円盤直径が、18cm→26cm 1ヶ月で8cmアップ・・・。アロワナの残飯から、ドジョウ、ザリガニなどを貪欲に喰らいつくすモンスター。

ポルカ_1102
↑もともと、淡水エイを飼育する機会も無かったわけですが、「Cross One俺の一匹」の黒須さんの影響で飼ってしまうことにw。http://clossone.blog.fc2.com/blog-category-1.html ハイブリッドエイの黒須さん命名「クロスジャガー」を見たときに、ハイブリッドのエイもいいなぁと。

 淡水エイは、楽しいですね

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
水槽全体_103
 11月の水槽全体写真です。ガーネットサンドを撤去して、バックススクリーンを黒に変えました。真ん中には、アヌビアスバルテリーのポットを4ポット連結させ、ラピュタのように浮かせています。バックスクリーンを黒に変えたことにより、全体が締まって見えるようになりました。

 ガーネットサンドを撤去してクリアになったので、エンドリとデルヘッジのバンドが薄くなってしまうと思いますが、メンテナンスの容易さを選択しました。大食漢が多い水槽なので、食べかすによる水質悪化が思ったより早かったので、やはりベアタンクのほうが楽ですね。

↓ランキングに参加しております。ボタンを押していただけると非常に喜びます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。