上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120220bura3
 今年になってガンガン成長し始めたブラックアロワナさん。55cm突破・・・

 第二次成長期なんでしょうか・・・。おとひめを食べるようになってから、急激にでかくなり始めました。

 おとひめは、海産養殖魚用のエサですが、嗜好性が高くさまざまな魚が食べてくれます。人工餌の中でもトップクラスの嗜好性ではないでしょうか。

 キョーリンのカーニバルも優れていますが、おとひめは価格の面でも群を抜いています。ただし、メーカーの日清丸紅飼料は一般個人向けには、おとひめを作っていないので、販売単位が鬼のような量ですw

 まず、使い切る前にダメになってしまうので、ショップで小分けにしてもらってます。臭いも強烈なので、保管も密封していないと部屋が臭くなります。

 安いし、大きくなるエサですが、そもそも養殖魚を早く成長させることが目的で作られているエサなので、高タンパク、高脂肪・・・。つまり、単食させていると太りすぎの脂乗った魚になりますw

 うちでは、冷凍エビ、冷凍ドジョウをメインに、おとひめ、カーニバルを足りない栄養素の補給で与えています。まあ、なんでも食べる子はでかくなりますね。

120220aro9
 この成長具合だと、60cm超えてきそうですね・・・

 あまり大きくなると、パワーバランスが崩れそうで怖いです。

 成長していく姿、エサ食いのよさは気持ちがいいぐらいなんですがw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220aro4
 下に落ちたエサもバンバン食べてくれる紅尾金龍。光の反射でピカピカしています。

120220aro3
 もう完全に食べるのに夢中で白めむいてますwww

120220aro6
 この写真は肉眼にかなり近い色合いです。

120212aro1
 体高がでてきたので貫禄がでてきましたね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220aro5
 真上から撮影。むおおおっ讃石背鱗!・・・いや1枚だめでしたw
かなりおしいですが、讃石背鱗では無いですね。頭から数えて6枚目の鱗が2枚に跨ってしまってます。

 ちなみに讃石背鱗とは、一番上の背中の鱗が縦一直線になっていることを言います。非常に珍しく縁起が良いとされています。

120220aro7
 アロワナはおもしろいですね。縁起ものの魚でもあるので、いろいろな見方があります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220tiger2
 またしても地味なコイ系の特集をお送りいたします。

 おとひめ爆食&食いカス処理係としてメキメキと頭角を現しつつあるタイガーバルブさん。もうじき、30cmになろうかという大きさ。成長速度は、思ったより早いですね。ビックバルブ系統なので、ちょっと不安です^^

120220tiger1
 アロワナ&ポリプはゆとり飼育続行中ですが、タイガーバルブはバンバン食わせて、超ハイボディにしようと思っています。まあ、意識的にやらなくても淡水エイの食べかすやら、アロワナの食べかすを吸い込んでますので、一番成長するでしょうw

 超巨大化したらどうなるかわかりませんが、現在のところはアロワナの混泳相手としては、優秀だと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220aro1
 冷凍エビを食べる瞬間を撮影してみました。

 最近の紅尾金龍のメニューは、冷凍エビ、冷凍ドジョウ、カーニバルの3種をローテーション。

 ゆとりの給餌の方が体長の伸びがよく今年1月に50cmを越えてたと思ったら2月の22日の段階で、52cmまで成長。去年より、エサの量は少ないのですが伸び率は良いですね。

 こうなると55cmが見えてきたので、欲望が再燃しそうですが、今年は、ゆとり飼育で楽しいアロワナライフをスローガンとして掲げているので無理しません^^

120220aro2
 
 結構、細かい歯が生えているのが見えます。ゴツゴツ硬く、その一撃破は混泳魚に大ダメージを与えます。

120220bura

 ブラックアロワナの捕食シーンです。アジアアロワナに比べると歯が目立たないですね。

 ブラックのエサは、冷凍エビ、冷凍ドジョウ、カーニバル、おとひめです。

 この子は下に落ちたエサは食べない子なので、浮上性か食べに来た時に落としてやることで食べます。

 貧弱な顎ズレガリガリ君でしたが、うちに来てからはバリバリエサを食べて、見るからに健康体になってくれました。元気いっぱいすぎて、頭ズルムケ君になったり、ジャンプして鱗をとばしたり生傷が絶えないようのが悩みです。

 アジアアロワナも南米アロワナもそれぞれの魅力がある魚です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220ei2
 うちの食欲魔人「淡水エイポルカSP」体盤35cmぐらい。真上から見ると、ふちの細かいスポットが綺麗ですね

120220ei1
 どうみても悪人顔です。

120220ei4

 悪人顔ですが、腹は真っ黒ではないようです。

120220ei3

 アロワナとの比較です。

 淡水エイは、よく水質に敏感と言われています。うちでは、淡水エイの伝道師こと、黒須さんのアドバイスにしたがってPH6以下にならないようにしています。逆に言うと飼育法に関しては、それしかやっていませんw。

 水もバンバン換えますし、ポリプと混泳しているし決して最高の飼育環境では無いと思いますが、元気いっぱい・・・いっぱいすぎ?の淡水エイです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120220endori1
 エンドリケリー45cm デルヘッジ29cm エンドリが太くなってきました。体長は伸び悩みですがお気に入りの1匹です。

120220endori2
 エサ食いも良好

120212endai
 まだちょっとバンド模様が薄いですね。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120212datoendo
 エンドリ、ダトニオプラスワン、タイガーショベルが乱舞。

120212datobura
 こちらは、上層の天界龍2匹が並泳。

ajiaosukaa
 筋肉ムキムキオスカーとアジアアロワナ

DD2
 アジアアロワナとコンギクス

エンドリ5
 エンドリとブラック

騒がしい混泳水槽でした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120212ke
 ケルベリー25cm、8cmぐらいの幼魚から育て上げた子です。レモンイエローの発色がすばらしく、自慢の1匹です。

120212endai
 ブリードエンドリー ナイジェリア×ナイジェリア 「水福龍」

 ガーネットサンドにしてからバンドがでてきました。バンド模様、体型ともにお気に入りの1匹。

120212sha
 タイガーシャベルノーズ45cm。6cmぐらいから半年で、・・・

 その暴虐的な食欲は恐ろしいばかり・・・。個人的には、ゼブラキャットよりこちらのほうが、好み。

120212datomain
 ダトニオプラスワン。先日も紹介した個体。こちらも自慢の1匹。

120130taiger
 カンボジアタイガーバルブ。地味&マニアックなコイ。ハイボディに仕上げる為に、おとひめ爆投中。食いすぎてお腹の鱗が剥がれました・・・

120130ei1
 ポルカSP。「淡水エイの伝道師」黒須さんに影響され導入したハイブリッドエイ。貪欲な食欲魔神。こんなにエイが楽しいとは・・・。

120130buraikari
 紅尾金龍の相棒、ブラックアロワナさん。性格は非常に大人しく協調性があるアロワナ。

1201hikaku
 デルヘッジ。4匹いるデルヘッジ。美個体

com3
 コンギクス。あまり泳がないタイプのコンギクス?・・・

111204kik
 コンギの頭。

111204taiga
 ドリーKのデルヘッジ。

111204bikiru
 ビキールビキール。憧れだったポリプ。

ビキール1
 とてもじゃないけど、買えなかったビキールビキール。今ではF1個体が激安値でちょっとビックリ。

120212aro1
 今日は脇役のメイン魚。

それぞれ、いろいろな魅力がある魚たち。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120212arobura
 紅尾金龍とブラックアロワナの並泳。この2匹の混泳から半年が経ちました。ブラックアロワナはこの半年で、メキメキと力をつけ大きく迫力のあるボディに変身しました。体長は60cm弱まで伸び、体高もパワーアップ。

120212datobura
 厚みは、アジアと比べるとペライですねw

120212aro4
 やはり、アジアの方が体型が好みです。

120212aro3
 夜中に、どちらかのアロワナがグーグーと鳴いていたました・・・。
 
 慌てて見に行ったので、鳴き止んでしまい、結局どちらが鳴いていたのか不明。

 結構、大きな声で鳴くんですね・・・。夜中だとちょっと怖いですw


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120212datomain
 ダトニオプラスワンが超発色。普段から黒化しない優良個体ですが、ケルベリーとの抗争のときは、発色が激化します。

120212dato3
 500円玉ぐらいの大きさから育てて、28cmまで成長。燃費が悪いのでなかなか大きくなりません・・・

120212dato1
 本ダトは高級魚ですが、プワスワンの幼魚は非常に安価です。この子も700円ぐらいだったと思います。

120212dato2

こちら側のバンドはまずまず

1201dato2

こちら側は残念バンドw。それでも黒化しないし、綺麗な子なので満足です。

本ダトはすばらしい魚ですが、プワスワンも良い魚ですよ~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120130muragaru
 1kg800円の冷凍エビを投下すると、バシャンドシャーンと群がってきます。シャベルノーズがパカパカ飲み込んでいくので、みんな必死に食べ始めます。エンドリはとろいので、食べる量は少ないかもしれません。

 冷凍エビ、おとひめオンリーのローテーションだと月のエサ代2500円ぐらいですね。それに冷凍ドジョウを+αして4000円といった所でしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
1201keruru
 ぐあああ、背びれ折れてる><。オスカーとやり合ったときに負傷しました。

1201kerukega
 相変わらず、ものすごい発色を見せてくれています。このアイスポは、死ぬまで人口エサを食わない頑固もので、エサは冷凍エビのみ。ちょっと前まで、動かないエサに見向きもしなかったのですが、やっとこエビだけ食べ始めました。うちでは、生餌の使用を止めてしまっているので、なかなか大きくなりません。おとひめを食べるようになれば、一気に育つと思うのですが、難しいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120130aro9
 紅尾金龍を斜め下から撮影。ISO800 フラッシュなし。寝転んで、カメラを構え鱗の光加減に焦点。

 撮り方によっていろいろな姿を見せてくれるアロワナは被写体として最高ですね。

120130aro8
 他の魚には無い威厳を感じます。

120130aro7
 TAMRON MACRO SP AF90mmF/2.8で撮影。ワタクシのようなヘボでも90mmマクロを使うと迫力ある写真が撮れます。

120130aro6
 手ぶれ補正が無いので、連射モードで300枚ぐらいバシャバシャ撮って使える写真は数枚です。

120130aro5
 アクアも写真も趣味なので、ストレス解消になります。

120130arotate
 昨年は、50cmアップを目標にバリバリ飼育していましたが、今年は、ゆとり飼育です。
 
 余裕がある分、観賞の楽しさを再確認できました。

1201taikou


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
120130bura
 先ほど、バシャーン、ドシャーン・・・

 なっ何事だ!!

 ・・・

 ・・・

ぐあああ><

一番治るのに時間かかる、鱗が飛んでました><

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
120130aro1
 下に落ちた冷凍エビを食べる紅尾金龍を撮ってみました。ブラックアロワナは下に落ちたエサを食べないんですよね。この紅金も小さな頃は、食べませんでしたが、混泳しているうちに食べてくれるようになりました。下に落ちたエサを食べてくれるようになれば、動かない冷凍ものや人口エサも食べてくれる可能性が高いですね。

120130aro2
 口を横にしながら、冷凍エビを狙います

120130aro3

ガブリ!成功です。失敗するとガーネットサンドに齧りついてしまいますw

照明に鱗が反射して、普段見られない写真が撮れました。

120130aro4
この写真のほうが、いつも目で見ている色に近いです。

今年は「のんびり飼育」をスローガンにしています。

食べなきゃ食べてなくていいや~。

のんびり給餌している分、本来の観賞のウエイトのパーセンテージが上がり、楽しめています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
120130ei1
 最近、メキメキと成長している淡水エイ。エサは冷凍エビをメインに、おとひめ、冷凍ドジョウ、ビックキャット、うちで使用しているすべてのエサを食いまくりますw

 食に対する貪欲さが魅力な1匹・・・。

120130ei2
 冷凍エビが投下されると、大興奮しながら覆いかぶさる姿は、圧巻です。



120130ei3


1201enbanmae

満腹になると、全体が古墳のようにコンモリします。どこまで大きくなるのか?模様は変化するのか?楽しみです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。