上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120430a2
 一般的な魚と違い口蓋と舌でエサを捕捉すると言われているアジアアロワナの舌の写真。普段は、下顎に張り付いていて、色も口蓋下と同色の為見分けにくいが、捕食の瞬間には、きちっと離れているのが分かる。

0421aro15
 間の前のザリガニをしっかりと目視し、噛み付く瞬間の写真。

 大きめのザリガニもなんかく粉砕して食べるが、ゴミが大量にでるので掃除がめんどう><

 最近やってきたトロピカルジャイアントガーとの熾烈なエサ争いの為、食欲がMAX状態。数週間で急激に成長がみられる。やはり混泳による食欲のアップの効果はすごい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
0421n4
 90cm水槽からブラックタライロンを出したのは、このニロチカスを育成するためです。うーんうーんとショップで1時間ほど悩みながら、10匹ほどいた中からセレクトしました。

0421n2
 金色が強くでていて、将来が楽しみな個体です。

0421n
 コアカが食べれるサイズ。

0421n3
 興奮するとキンキンになります。

 まだまだ、10cmぐらいなので、コアカ漬けにして早く安心サイズになってほしいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
0421b3
90cm水槽を育成用に使う為、10日ほど前からブラックタライロンを1500水槽にドボンしています。無謀?チャレンジ?賛否両論あると思います。今のところ、他の魚がやられることもなく、逆にブラックタライロンが追回され、少し背びれがバラけました。

 この1500水槽で一番小さな魚がデルヘッジで33cmほどあります。タイガータライーラの混泳チャレンジでも成功させている実績があるので、今回のBタラも成功させる自信はありました。まあ、個体の気性の見極めになってくると思います。混泳に絶対はない!格言もあります。気を抜かずに育成中の魚が大きくなるまで、混泳してもらいます。その後は、90cm水槽単独飼いに戻す予定です。

 1500に移動してから、水流に乗って泳ぎまわったり、いままで絶対に食べなかったクリルを食べるようになったりと、良い面が多いです。尾が太いので、シーラカンスぽいスタイルが大きな水槽で映えます。改めてカッコイイ魚だなあと焼酎を飲みながら観賞。

0421b

 随分まえにポルトを飼育していたときにBMさんにアドバイスいただきましたが、やはりポリプとの相性は良いようです。普通の魚の形には反応しますが、ポリプ類にはまったく反応せず、共存できそうです。

 写真を撮り忘れましが、Bタラのザリガニ捕食シーンは感激ものです。8cmほどあるザリガニを3匹ほど喰らいつく様子は、他の魚にはない迫力があります。これがアイマラだとすごいんでしょうね。

0421gg

一番奥に、Bタラが見えます。w
0421b2

 ケルベリや、ダトニオには頬を膨らませて威嚇する仕草を入れた当初はしていましたが、簡単に蹴散らされてからは、いっさい威嚇をしなくなりましたw

 ブラックタライロンは、この種の中でも比較的混泳の噂を聞きますので、やってやれないことはないと思いますが、本来は単独飼いが基本となると思います。

■個人的、混泳のキーポイント
サイズ
個体の性格
混泳密度
慣れるまで、常時ライト点ける
生餌を多めに投入して意識を散らす
セパレーターを用意して、すぐに隔離できる準備をする
エサを切らさない
読み

あまり人がやらず、記録が少ない混泳を成功させていくと楽しいですね。
失敗すると、凹みまくりですが・・・

↓ナイスチャレンジだと思った方は、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
0421ga
 トロジャン45cmがやってきました。今まで、何度か購入しようかと考えていましたが、幼魚からの飼育スペースが無いことと、気に入った個体が見つからなかったことから縁がありませんでした。今回、引き取り魚としてショップに入荷していて、このサイズで激安だったので、導入。顎下から腹にかけてゴマ模様が綺麗な個体。

0421ga2
 入れてすぐに、冷凍エビやら、カーニバルやら、ワームなどを食いまくりです。

0421ga3
 体型、柄も良く、気に入ってます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
04721aro14
 ザリガニ5~8cmぐらいの大きさ。まず、ザリガニのハサミをとり投入するとすぐさま喰らいついてきます。その1撃は凄まじく、硬いザリガニの甲羅も破壊します。

0421aro13
 1撃で真っ二つにして、バリバリと喰らっていきます。

0421aro10
 他の魚に獲られないように、キープ

0421aro9
 そのまま、飲み込んでいきます。

0421aro11
 と思いきや、1度出しますww

 ちょっとまだ、硬すぎたようです。

0421aro12
 バキバキ言わせながら、喰らっていきます。

0421aro2
 2匹目投入。ザリガニ大好きなので、すぐさまキープ。

 ダトニオプラスワンも大好きなので、そっちも回したいのですが、ボスが譲りませんw

0421aro3
 むしゃむしゃ

0421aro4
 バリバリ

 興奮しすぎて、少し頭を擦ってしまいズル剥けました・・・><

ザリの目と一番硬い角の部分だけ、ぺっ!と吐き出して食事終了。

このぐらいのサイズのザリガニは高級品なので、少なめにあげます。

余計にあげると、噛むだけで吐き出して無駄にしてくれます。

贅沢者ですが、王様なんでしょうがないですw

↓紅尾金龍の魅力が少しでも伝わったら、ポチットお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
0421aro5
 最近、紅尾金龍が発情してしまい、グーグー鳴きまくり、タイガーバルブに体を擦り付けて振えまくります。おかげで、タイガーバルブの尾が裂け、甘噛されので鱗は飛んじゃうし、困ったものです。成熟したメスでも入れてメスが受け入れてくれれば、繁殖チャレンジもできるんでしょうが、周りの魚も危険にさらされますし、アジアアロワナ同士の混泳は大変すぎるので、発情が収まるまで辛抱するしかありません。写真は、ちょうど頬を膨らませてグーグー鳴きまくっているところです・・・。すごいんですよね。

0421aro16

0421aro7
こちら、怒りの正面

はやく発情期過ぎないかな・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120402bb
 ブラックタライロンを90mmマクロレンズで撮影したところです。黒目はどこまでも黒く、漆黒で奥が深い魚眼。白目に当たる部分は、体色と同じ斑模様が出ています。1本1本の牙は大きめですが、本数自体は少なく見えます。

120402kawa
 夜間消灯したあと、朝方ライトを点けると黒っぽい体色をしています。これは、周りの色に合わせて結構色合いを変えることが分かる写真です。

120407btara
 こちら点けっ放しにしたときの体色。底砂の色合いに似ています。明るい色ですが、ちょっと肉眼で見える色より黄色身が強くでてしまいました。

20120401zentai
 こちらの方が、いつもの体色に近いですね。

一度、1500水槽に入れて強化月間として大きくしたいところです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120407sa
 バーミーズタイガースネークヘッド12cmぐらい。小さい水槽でゆったりと飼育中。胸鰭のシマシマが良いですね~。MAXサイズを見たことが無いので、どこまで伸びるかイマイチ不明ですが、30cmぐらいまでいくようです。うちの魚の中では、派手な色合いの魚なので、意外と家族に人気。動き回るので、見ていてもおもしろいタイプの魚です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
キクラメラニアエ[シングーテメンシス]があちらこちらのお店に入荷36000~40000円ぐらい。
ドイツブリードということは、F1個体なのかな??
数年前にシングーテメンシスの名でワイルド個体が入荷していたとき、買えなかったので、ほしいんですが、値段が・・・。金欠サラリーマンには、ちょいと手が出ない・・・
テメンシス系はオセラリス系より、地味ででかくなる種類ですが、今回の個体群は、写真を見る限りでは、スポットがかなり多めに入るタイプのようですね。

うーむ、ほしいなあぁ。

最近、ウルスカの大型個体やゴールデンサンダーロイヤルが、一部解禁で結構入荷しています。
特にウルスカの大型個体は良い個体がたくさん入ってきていますが、お値段も10万超えますので、手が届きません。プレコの場合、セルフィン、サッカーを除くと成長が非常に遅く、水槽内では大型化がなかなか時間もかかるし大変なので、買うなら最初から大型個体をがんばって買うのが正解かと思います。まあ、その分お値段が上がりますがw

ほしい魚がたくさん入ってくると、ワクワクしますが、最近は何も買えないので、がまんする分辛いですねw

オスカーのワイルドものも新地域ものが入ってきているし、キクラピクティもまとまって着ています。

いろいろ誘惑が多いなか、先立つものが無いのが現状。

皐月賞に何とか勝って、何とかしたい!

もう、それだけw



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

120407arot
 紅尾金龍が最近、タイガーバルブを追回してグーグーゥウウと唸り声を上げます。結構頻繁に唸るので、見ている人たちも、魚も吼えるんだねと率直な感想を述べます。タイガーバルブも追回されるだけでなく、背びれと胸鰭を震わせ対抗します。

 紅尾金龍55cm、タイガーバルブ40cmの争いは、水がタプンタプン揺れる大騒ぎ・・・。

 水がこぼれると怒られてしまいます><

いろいろな魚を放出した為に、縄張りを主張するようになったんだと思います。

どうしよかなあ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120402toke
 ブラックタライロンがまだ小さい為、90cm水槽に流木やミクロソリウムを入れて楽しいんでいます。どうしても大型タンクでの飼育になるとベアタンクが基本となるため、底砂や流木がある水槽が新鮮です。

120402bn
 魚も隠れ場所があったほうが落ち着くようです。写真を撮るタイミングが難しいですがw

120402bbbb
 ところで、自然なレイアウトを作るときの参考になるのが、その魚が住んでいる川の写真や川底の写真です。問題は、このブラックタライロンの産地である「コロンビア イニリダ川」の川底の写真が探せないことです。コロンビアは南米でも特に治安が悪くコカインの密輸で有名で写真が少ないのもそのせいかもしれません。神畑重三氏の「カミハタ探検隊in COLOMBIA」によるとイニリダ川は赤褐色とのこと。ph5.1と酸性が強く、アルタム・エンゼルも採取されているとのこと。神畑氏の著書を取り寄せて読んでみようと思っていますが、どなたかどんな川底なのか、ご存知なら教えていただけるとうれしいです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
120402bbb
 ブラックタライロン90cm水槽単独飼い。流木とボトムサンドでレイアウト。カワイイサイズだが、柄と体型はピカイチ。太くデカくしていきたい。

120402kao
 鋭い牙。噛まれたた危険極まりない。

 余り動きはないが、90cmでじっくり飼うには良いかもしれない。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
20120401bb
 水漏れ事故で1500アロワナ水槽をレンタルスペースに設置した為、毎日見ることができなくなりました。これは思ったより寂しい環境。そこで、新たに毎日見れる90cm水槽を設置。

 いろいろ考えた末、新魚「ブラックタライロン イリニダ産」23cmを導入。

 決め手は、見た目の体型と柄。以前、濾過が追いつかず泣く泣くポルトデモズタライロンを手放してから、いつかはまた飼いたいと思っていたので、ちょうど自分が納得できる個体に出会えたので購入。

20120401zentai
 センターラインも綺麗で、斑に入る黒ブチも良い。

 早速、流木付近がおきに召したようで、付近をホバリングしたり、近づくコアカを早くも捕食したりと、久々にかっこよい魚に会えました。

20120401bkao
 ちょっと顎打ちしています。牙魚らしい、精悍な顔つきと牙。

 楽しみになってきました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

新水槽設置

2012/04/01

2012040190
 大型水槽1500の水漏れ事故で、居住しているところにアロワナ水槽を置けなくなってしまいました。そのかわり?90cmガラス水槽を設置。毎日見れる水槽としては、この90cmがメインになります。

 90cm水槽小さいなあ・・・もう廃人レベルのぼやきを入れながら設置。ベアタンクだと家族に人気がないので、余っていたボトムサンド5kを敷き、余りものの流木を2本入れ、上部フィルター+エーハイム2217で濾過。

 1週間ほど水を回し、1500水槽から汚れたウールマットを持ってきてバクテリアを回しながら様子を見ました。

 その間に、中に入れる魚を検討。

■検討した魚と水槽イメージ

・アピスト繁殖水槽

・ピラニアナッテリー5匹混泳水槽

・バトラクスキャット3匹繁殖狙い水槽

・ピラニアピラヤ単独水槽

・ドカンマウスキャット単独水槽

・オレンジキャット単独水槽

・デルヘッジ繁殖水槽

・プレコ繁殖水槽

・ブラックタライロン単独水槽

・コンゴテトラ20匹水槽

ここ1週間ほど悩んだり、ショップに足を運んだりしました。

もう結果が写真に映っていますねw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。