上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギニア産のエンドリケリー。

エサ食いは・・・いまいちですが、スパルタ教育をもうじき始めますので、育つと思います。

ちょい過密飼育にしておいて、どじょうを切らさずに投入していけば、成長をうながせるはず。

もちろん、バリバリ水換え、高水温飼育です。

スペシャルなエサとしては、ピンクマウスSサイズをたまにあげることと、鳥のささみを使ってます。

ピンクマウスは最近値段が高騰しているので、厳しいですが、ささみはコストコなどの大型店で激安大量買いで冷凍保存し、つかいます。

どじょうも大量に仕入れて、生餌としての給餌と冷凍ドジョウにして給餌します。

冷凍のほうが食いがよく逃げないので、たべやすいようです。

この給餌方法で、格段に早く育てることができますが、いまだに60cmオーバーにしたことはありません。

まだまだ、修行がたりないようです。

がんばります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村


最近、ポリプが増えて機嫌が悪いので、今日はめったに買わないコオロギを50匹買ってきて食べさせました。

1回で終わり。

ちょっと高いエサ代ですね。

s-DSC_0077_20140323011253113.jpg
s-DSC_0064_201403230112333eb.jpg
s-DSC_0063_20140323011232b1e.jpg



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

先日、導入したエンドリケリー極太さん(メス)

すぐにコアカや、ドジョウを巨体を揺らしながら食らいついているので、50cmupはすぐにするかと思います。

長さより、太さがでるタイプなので楽しみですね。

ブリードもののエンドリケリーですが、旧タイプエンドリです。

なかなかここまで太さがでる個体も育ててみないとわからないですし、全部がここまで太くなりませんから、今後が楽しみです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

大型魚たちが、エサをバカバカ食うので、豆アジを買い占めてきました。

このまま冷凍して、1回の給餌で1パック使います。

意外と背骨などの骨が太いですが、これぐらい食えないようでは大型魚と言えませんw
(骨を除くのがめんどくさいだけです・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

ディナミカ産の過背金龍です。去年の4月導入ですから、約1年が経ちました。

体色の変化としては、4列目までは、ベタ金。

s-DSC_0146.jpg
s-DSC_0147_20130414174956.jpg

↑昨年の4月の体色。

4列目の後方を見てみると、黒い部分が少なくなり金に変色しています。

ちょっと真上からの画像を撮り忘れましたが、背中も繋がってきました。

エサ食いも良好なので去年に比べて、かなり太くなってきています。

いいことだらけの過背金龍ですが、性格が超凶暴なので、苛ついてくるとポリプたちを噛みまくります・・・。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

本年中に50cmオーバーを目指しているブラックタライロン。

3センチほど伸びて、現在41cm~43cm。ちょっと危険なので、取り出しての計測は不可能。

昨年の12月から3cm伸びているので、まずますですが、ちょっと肥満気味になってきました。

その分、サイズの割に強烈な威圧感を放っています。

大型魚の気力体力が充実しているときに発するオーラが、非常に強いです。

冷凍アジに喰らいつき、底面に擦りつけながらのデスロールで引きちぎる動画が撮れればアップしたいなと思います。

↑のような獰猛さを魅せるブラックタライロンですが、この個体、生餌をまったく食べなくなりました。(笑

逆に「おとひめ」「キョーリン増体用」「カメのエサ」が好きで楽な子ですね。

小さいころから、混泳してきた慣れで、いろいろな物を食べることと、他の魚との混泳力が身についたようです。

かなりのサイズがあるのに無理やり混泳させてましたからね・・・



120625arotob
120525b3
120525b
120517b2
120430b
0421b3
0421b2
120402zen
120402kao
2012040190


s-DSC_0024_20140323011039fb5.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

しばらく計測していなかった、ポリプ系を測ってみました。

上からブリードエンドリ

ワイルド コンギクス

ワイルド ビキールビキール

s-DSC_0057_201403230111568bb.jpg
チャド産 ビキールビキール 44cm
やっとこ少しは太くなってきましたが、いまだに一番細いポリプ。モンスターになる日はいつのことやら・・・


s-DSC_0056_20140323011154446.jpg

ブリードエンドリケリー 46cm
ナイジェリア×ナイジェリアのF1個体。まあまあの太め、前回より3cmぐらい伸びてますね。

s-DSC_0055_20140323011139bdc.jpg

コンゴ産 コンギクス 48cm
一時期、エイに尻尾を齧られ短くなってしまいました・・・それがなければ50cmオーバーだったハズ!

s-DSC_0052_20140323011134c6c.jpg
ギニア産 エンドリケリー40cm
バンドがが好みのエンドリ。一番小さいが、一番かっこいいエンドリ。

s-DSC_0046_20140323011115ba7.jpg

ブリード エンドリケリー49cm
先日、導入した極太エンドリ。旧タイプ系。

s-DSC_0079_20140323011256252.jpg

ドリーK デルヘッジ3匹
今回計測していないが、28cm~30cm

ポリプ全8匹。
モンスター級はいませんが、がんばれば50cm越えるでしょう。55cmまでいければいいかなあ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

久々の新魚。ブリードエンドリケリー極太49cmです。

エンドリケリーの好みは、人それぞれ。

太くて強烈な体型が、好きですね。メス個体ばかりになってしまいますが・・・

s-DSC_0051_2014032301113323f.jpg
s-DSC_0049_201403230111181bb.jpg

横から撮るを忘れました。明日、取り直します。

結構、大暴れしてくれまして、ビショビショ・・・

ついでに、飼育ポリプを全測定したので、明日にはアップできそうです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村


ヒラリーカエルガメ甲長35cmです。もともとこのサイズで引き取ったので、前の環境は分かりません。
水位が高いと溺れるような仕草をみせますので、水中ポンプを使い低くして飼育しています。

水棲ガメでも、成長過程の飼育環境によっては本来のスペックを出せない可能性もあるので、引取の場合は注意が必要です。



s-DSC_0014_20140113214028821.jpg
s-DSC_0049_201401132141093ec.jpg

まだまだ、寒いので直接太陽光を当てられないため、「バスキングライト」「UVBライト」を併用し照射。

人工餌>豆アジ>ドジョウ>ワーム>冷凍エビ>牛ハツ等をローテーションで与えています。

外気温が16度を下回らないようになったら野外飼育に切り替える予定です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。