上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリプを育てているユーザーの多くは、太くデカイ個体を目指すものですが、そうなるとより大きくなりやすい雌個体ばかりを集めることになります。

ブリードものの稚魚の場合は、余り小さいと雌雄の区別がつきませんから、雄も混じってきますが、ワイルドものをメインに集めていくと、ある程度の大きさから選ぶことができますから、雌雄の区別が素人にもできます。

その結果、上のように雌ばっかりという羽目になります。(笑

繁殖を狙わないのであれば問題ないのですが、エンドリケリー3本、コンギクス1本、ビキールビキール1本、デルヘッジ3本のすべてが全部メスという・・・

雌ばかり集めた割には、50cm超え個体数0という情けない結果。
まあ、ポリプの寿命を考えると、まだまだノビシロはあるはず。

観賞魚としての歴史が比較的浅いことから、水槽内での寿命は憶測の範囲を出ませんが、軽く10年は生きるようですからじっくりと仕上げて行きたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

人口エサをほとんど食べなくて、冷凍のフナとワカサギしか食べなかったギニア産エンドリケリーが、おとひめとキョーリン増体用を食べるようになりました。

その食べ方が爆食という、すごい変化。

まわりを蹴散らし、ガバガバ、もふもふ食べます。

凹んでいた腹も、肥えてきて、気力が充実している感じを出しています。

うちには3匹のエンドリケリーがいますが、ワイルド物は、このギニア産のみ。

一番、細い子が、ワイルドパワーでどこまで伸びてくれるか、楽しみになってきました。

何故、食べるようになったのか?

・混泳のため、他魚が食べているのに影響された。
・反射で口に入れて、食べ物と認識した。
・冷凍エサが切れていたために、エサ抜き期間が長く、がまんしきれなくなった。
・やっと、水槽に慣れてきた。

理由としては、上記のような感じだと思います。
まずは、目指せ55cmオーバー!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

ディナミカ産の過背金龍です。側線にあたる三列目に鰭欠けが見られます。
この過背金龍は引取り魚の為、この状態で購入しました。

治療するのであれば、鱗を抜き再生させる方法があるのですが、これぐらいは許容範囲ですので放置です。
鱗欠けの原因としては、水質の急激な変化、悪化でしょうか。

引取り魚ですから、短い期間に何度か移動されているうちに欠けたと容易に予想できます。
うちにきた直後も松かさ病になり、死にかけました。

紅尾金龍と違い、過背金龍は鱗が弱いように思います。
現在は水に慣れ、ガンガン換水しても大丈夫な体になりましたが、変調を見逃さないよう注意しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。