スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽の底砂

2014/06/18


水槽の底砂のメリットとデメリット。

メリット
・水槽の見た目が格段に良い
・自然なレイアウトや水草で癒やし効果が得られる
・魚の体色が本来の色になる(良くなる
・砂に潜る性質の魚の本来の姿が見られる
・多少なりともバクテリアがつく
・魚が落ち着く

デメリット
・砂にゴミが溜まりやすい
・水草等を育てる為の手間が必要
・大型魚が、レイアウトを壊す
・魚が流木などで怪我をする場合がある
・メンテナンスがたいへん

こんなところでしょうか。

砂を敷いてみたり、除いてみたり、敷いてみたりの繰り返しを結構やるんですが、
結局ベアタンクに落ち着いて、しばらく経つと砂や水草を置いてみたくなります。

現在1200水槽では、過背金龍とポリプ類のみの飼育なので、ガーネットサンドを敷いています。
やはり、エンドリやビキールなど敷いていたほうがバンドも明確になり、本来の味が出るようです。

1200は、このままガーネットサンドでしばらく飼育しますが、1500水槽のほうは、ベアタンクでないと
水槽が崩壊しそうなので,敷く予定はありません。

やはり大型魚が多いとエサの給餌量も多く、残飯をできるだけ早く取り除くことが重要になってきますので
ベアタンクが一番ですね。

水質が一気に悪くなる原因としては、エサのやり過ぎ等による残飯の腐敗が一番恐ろしいと思ってます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。