スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビキール・ビキール 怪物?

2014/10/13



ビキール・ビキールです!

まったく伸びません!

未だに44cm・・・

ちょいと前に、もう放出しちゃおうかなと思って、掬って見たら意外とデカくて戻しましたw
水槽から出すと、40cmオーバーの魚は大きいです!掴んでみると、水槽で見るとは違い太くて掴めないぐらいの太さ。

水槽の横から見ていると小さく感じますし、怪物ポリプたちを見た後だと、残念なサイズですが、
普通の人が見たら40cmオーバーの魚って、でかいんですよねw

ちょっと、自分のなかの神経が壊れてるのを感じました・・・

30cmぐらいの魚を見ても、小さいなあ、こりゃうちの水槽だと喰われるかなとか、考えてしまうw

50cmぐらいの金龍を見ても、やっぱ紅龍じゃないと60cm超えていかないなあ、小さいなあと、思ってしまいます。

ポリプ全般で言うならば、大きなりすぎて困ったなあ、ではなく、全然デカくならないなコイツ的な意見のほうが圧倒的に多いと思われます。数年飼育して、エンドリならば40cm~45cmまでしか伸びない個体は、ヒネてるなこれ・・・と言われてしまいます。

ビキールに比べてエンドリは、ぶっとくなって迫力がでてくるので楽しめるんですが、ビキールがやってきた当時のモンスターイメージからすると、以外と太くならなく細身でデカクならないですよねw

最近ではアンソルのほうが、モンスターイメージが定着してきたように思います。
エボラがまだまだ、猛威を振るっていますので、馬鹿でかいモンスターポリプの輸入は厳しくなっていきそうです。










にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはブリードものですか?
我が家にも今年生まれのビキールビキールが2尾いますが、恐ろしいほどのスピードで伸びています。
10cmそこそこのが40日程度で23〜24cmです。
ただ、不安もあるんですよね。
このままずっと餌を爆食し続け、大きくなるとは思えない。
よくある日からストップがかかり、成長を止める個体も多いようで、伸び悩んだ個体が結構いますよね。
魚帝さんのビキールは餌食い順調でしょうか?
我が家は2尾いることから、ある実験をしています。
1尾はある日拒食しちゃうの覚悟で食うだけ食わせ続け、もう1尾は腹八分を基本に普通に育てるといったものです。

Re: No title

オアナーザさん

こんにちは~
このビキールは引取り魚をショップから持ってきたもので、チャド産とのことでしたが、どうも怪しい気がします。(初期のブリードものぽい?)まあ不明なので一応ワイルド物として飼育することにしています。

エンドリは巨大化狙いで、幼魚から数匹育てたこともあるんですがビキールは無いですね。
エンドリならば、10cmぐらいから、1年で45cmを越えた個体も育成しました。その場合、生餌と冷凍ドジョウ攻めにして、伸ばしましたが50cmぐらいからピタリと止まり、最期は内臓が膨らんで★になりました。

ビキールの実験とのこと、楽しみにしています。
私の経験から言うと、寿命から逆算して、人間と同じ赤子~青年に当たる年までにどれだけ成長できるのか、また、大きくなる血統を持っているかが、大きいような気がします。
みるみる毎日大きくなる魚を育成していると楽しいですよね。

No title

なるほど、出がわからないんですね。
しかし、エンドリのケースですが、50cmぐらいからピタリと止まり、最期は内臓が膨らんで★になった…というのが非常に気にかかります。
やはり食わせ過ぎによる頓死でしょうかね。
我が家も冷凍ドジョウや他生餌を中心に食べるだけ食べさせて育ててますが、ちょっと心配になってきました。
確かに初期成長時期による餌量と個体が持つポテンシャルが決め手なんでしょうけど、魚ってある日「こりゃいかん」というスイッチが入り、摂食と成長を止めることがあるのでそれがひとつのブレーキになり得るのですが、飼育者としては種の平均より上、あわよくば最大を狙いたいものですから喰わせられるだけ喰わせて早く結果を求めてしまいますよね。
我が家はもし拒食に陥るの覚悟で食べさせる個体と、適量を守りのんびり育てる被験者に分けて育ててますが、拒食したらその期間うんぬんでは適量を守った方に追いつかれ追い越されるのではないかと思っております。
頓死だけは避けたいですね。

Re: No title

オアナーザさん

再びこんにちは~
骨のある全体食(金魚丸ごと、ドジョウ丸ごと)がやはり、エサとしてはアドバンテージがあると考えられます。
50cmで★になった個体は、エサ金+冷凍ドジョウ漬けで飼育していました。
ドジョウは、生餌よりも冷凍ドジョウのほうが逃げられないので、食べる量も多いと思います。
内臓が腫れてガスが溜まっていましたから、消化不良による糞詰まり死だと考えられます。
腹いっぱいでも、反射で食べてしまう個体もいるので、定期的なエサ抜きも必要かもしれませんね。

>飼育者としては種の平均より上、あわよくば最大を狙いたいものですから喰わせられるだけ喰わせて早く結果を求めてしまいますよね。

↑これは、まったく同感ですw
その種の最大を狙うのが、私の飼育スタイルになっています。ですから小型のポリプ、デルヘッジでも
デルヘッジの中の最大を目指して飼育していますw

いろいろと考えながら飼育しているときが、一番楽しいですよねw
実戦報告ブログ楽しみにしていますね~
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。