スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックタライロン 大特集

2014/10/20


サトシさんからのリクエストもありましたので、ブラックタライロンの大特集をお送りします。

超スパルタ飼育中のブラックタライロンですが、3月計測で41~43cm。
10月計測で41~43cm・・・あれ_?

完全に伸びが止まりましたね。

s-DSC_0232.jpg
エサ食いは順調ですが、最近はキョーリン増体用がお気に入りの様子です。
野性味が・・・

s-DSC_0222.jpg
顔は凶悪そうですが、草食系ブラックタライロンです・・・


s-DSC_0190.jpg
砲弾型の体型で、まるまると太ってきました。
熱帯魚飼育者以外の方が見ると、何この魚・・・これも熱帯魚なの?地味だねと言われます。
たしかに・・・
私のようなドップリ浸かっている者ならば、おおおっ結構イカツクてかっこいいですねと、コメントするところでしょう!

色は単色、地味な黒ベースの体。
余り泳がず、底のほうに待機している魚
よくよく見ると歯が鋭いのですが、よく見ないとわからない程度の本数・・・
あれ?・・・
たしかに、地味だわw

日淡好きならば、カワアナゴに似ているとコメントするでしょう。
ちょいと魚好きなら、シーラカンスのような体型だねと言うでしょう。
ある程度の飼育者なら、リアルが買えないから代替としてという方もいるでしょう。
リアルが買えてるような人でも混泳させるならブラックタライロンだとねという猛者もいるでしょう。

s-DSC_0187.jpg
ホバリングしならが、鯉のエサをまってますw

120820b9
ここから、まだまだ小さい頃 2012年10月頃の写真です。
スレンダーでかっこいい

120820b10

このときは、20cm~25cmだったと思います。

120820b3
底物の淡水エイに包まれて、喰われかけ?(オイオイ)
このセイオの上が、一時期の住処となっていました。

120820b4
ナイルパーチ ニロチカスと「おとひめ」の取り合いをしていた頃もありました。

120930b
体長20cm以上あっても、この水槽のヒエラルキーでは最下層。
ブラックタライロンといえども、他魚のプレッシャーは相当なもの。

120930btaraa
胸をそりあげ、鰭を広げ、フィンスプレッティング。
まあ、他の魚たちは、無視してますがw

4

30cmを超えてきたところ。だいぶ立派な体になってきました。

注意)ここから先は、残酷写真あり



日本ナマズを2匹育てようとした所、混泳に失敗し、ブラックタライロンに喰われました。

匂いで反応したのか?動きなのか?

いままでにない素早さで、頭からガブリ。

口径より大きなナマズを、なんども噛み付き。

ワニが獲物を食いちぎるときにつかうデスロール(噛み付いたまま、体を回転させ相手の体を引きちぎっていく技)を
ブラックタライロンも使うのを初めて、見ました。


20121025btara1

頭から噛み付かれいるので、ナマズは逃げられません。

20121025btara3

デスロールをくらい、ほとんど動かなくなったナマズを、飲み込んでいきます。

20121025btara4

丸呑みです。

1

体が40cmになった頃です。

こうして振り返ってみると、ダイナミックな捕食シーンが、この魚の持ち味だったんですねw
いまでは、キョーリン増体用を待ち構え、カパカパ食べる魚になっていますので、凶暴な面を忘れていましたw

ブラックタライロンでかくならないなあぁぁぁとボヤく毎日ですが、40cmのナマズ丸呑みの魚て、普通に考えたらでかいですねw

50cmアップを狙ってますが、寸胴型になってきているので、難しいかと思われます。

余談ではありますが、ブラックタライロン同士の混泳も比較的楽にできると聞きました。
実戦したことはないので分かりませんが、いつかペアで飼育し、岩メインの底砂を敷いた水槽で繁殖にチャレンジしてみたい魚です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
ブラタラ特集を有難うございます!
本当に砲弾なのですね。背中からの盛り上がりが、そのまま尾ビレまで…。
顔も違い、歯が鋭く見えているのも私のブラタラと異なる部分ですね。

ブラタラですが、フォルムや単純な仕草で女性陣には人気が有ります。逆にガーパイクの受けがイマイチなので、魚の好みは人の感心で大きく左右されてますね(笑)

今後も力強いフォルムの魚帝さんのブラタラを楽しみにしてます!

Re: タイトルなし

サトシさん

こんにちは~
砲弾型は砲弾なのですが、別名:肥満型ともいいますw
歯も太りすぎて腹に皮膚が引っ張られ、見えているように思えます。
サトシさんの所では、女性陣に人気がありますか!家では、どれも人気がありません。
やはり、熱帯魚というと、ネオンテトラなどが群れをなして、水草を泳ぐものだという固定観念があるようです。
まあ、それもいいんですけどねw

ちょっと、マニアック路線になってしまい、一部の飼育者にしか理解できない水槽になってしまいました(笑
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。