スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビキール・ビキール エンドリケリー コンギクス

2013/06/23


最近、55cmのエンドリケリーが19800円でショップに出ていて、物凄く悩みましたが買いませんでした。兎に角ぶっとい棍棒のような個体で、昔を考えると破格の安さ。やっぱりがんばって買えばよかったかな~とブツブツ・・・ちょっとモロニ給料日前なので、お金ないんですよねw。財布の中に3千円しかないののにワームとマットと冷凍えびかって2600円ほど、こどもらにグレートアニマルカイザーという、カードゲームをやらせて、ちょうど使い切りました??あれ・・・25日が給料日なんだから、使い切っちゃだめじゃん・・・アワワ><

ま、隠し金山に2千円あるので何とかw

さて、貧乏おじさんの話は置いといて、今回もビキール・ビキールのお話。

このビキール・ビキールもともとの顔は、こんな怒り筋がでていなかったのですが、成長するにしたがってコンナ顔つきになりました。いろいろと産地によって体色、顔つきが全く違うポリプたちですが、このビキールは産地不明です。引き取り魚として入荷、ブリードものでしょうね。しかもヒネてしまっているようで、伸びがありません。よくブリードものは40cmを越えた辺りから、ビタッッと成長が止まる個体が多いと聞きます。
ポリプ自体は20年以上生きる個体も多いですから、簡単にぐんぐん伸びるわけでもないと思いますが、栄養が必要な若魚の時に、充分に得られなかった個体は、伸び悩むかもしれませんね。いろいろな大きくするための方法をいろいろなブログで拝見しましたが、もちろん飼育によって変わる断言できますが、数パーセントは素質が大きいと感じました。フィトリー湖産のちょいと顔が角ばったビキールでよいのがいたらいつか買いたいですね。
ぶっとい個体が好みの方は、ビキールよりも、エンドリやコンギのほうが太くなると思います。
最近だとアンソルギーの化け物サイズが一番太く見えました。

s-DSC_0067_20130616211044.jpg
s-DSC_0066_20130616211043.jpg

化け物アンソルギーの後だと、細く見えますが、実際は結構でかいですよw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
プロフィール

魚帝

Author:魚帝
紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)ブログは、紅尾金龍の巨大化を狙いつつ、いろいろな混泳にチャレンジした記録を紹介するブログです。リンクフリーなので、よろしくお願いします。

■1500×750×600オーバーフロー水槽
○設備
濾過層1000×600×400
濾材120L
ブロワ(風量30L)

○生体
紅尾金龍(マジュ)
ダトニオプラスワン2匹
淡水エイ ポルカSP
トロピカルジャイアントガー
フロリダスポッテドガー2匹
ブラックタライロン
■120cm水槽
○設備
上部濾過
過背金龍(ディナミカカプアス)
ギニアエンドリケリー1匹
ブリードエンドリケリー2匹
ビキール・ビキール1匹
コンギクス1匹
ドリーK デルヘッジ3匹

○生体
過背金龍(ディナミカ)

■90cm水槽
○設備
ニッソー上部フィルター

○生体
キクラオセラリス ガイアナ産 6匹
クラウンローチ 4匹
レッドライントーピードバルブ6匹
セルフィンプレコ1匹


○プラ舟
クサガメ

FC2カウンター<script language="J
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。